本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

赤いクリップで家を手に入れた男 ネット版わらしべ長者ものがたり
カイルマクドナルド著

赤いクリップから物々交換が始まって、家にまで到達したという人の話。
1年ぐらい前に読んだけどふと思い出して。

著者はクリップをペンに交換し、ドアノブになって、発電機になって、旅行の権利になって、レコード契約になって、ロックスターと半日いる権利、映画の役の権利、、、と最後に家が回ってくる。

最初はネットの小さな掲示板みたいなところからだんだんと有名になっていって、テレビとかにも出だして、人の目に触れ過ぎてしんどくなったんだろうな〜・・・と思うクダリがあった。
でもそれを乗り越えて、自分で宣言した家を交換するということをやり遂げる。

家を手に入れるには借金して云々と考えるが、実はお金だけではないのかも。
お金は交換の手段。でも、お金ではなくても物質と物質でも交換が成り立つ。
今の時代、お金の方が当たり前になっているけれど、物々交換は今も昔も人々の生活に溶け込んでいる。今は物々交換の方が目新しく感じてしまうかもしれないけれど。

彼は始め、展示会スタッフのバイトしかしてなくて、非常に金に困っている風だ。
無いというのは、実はクリエイティブに変換出来る。
彼は正に無から有を生み出した。

お金ではない何か、、を考えさせられると同時に楽しい気持ちにさせてくれる本。
[PR]
# by mandalabooks | 2014-04-17 00:35 | その他

ファラオの秘薬


ファラオの秘薬 古代エジプト植物誌

なんとなーくで借りたら、いやいや、めちゃオモロい。
エジプトで使われていたハーブの紹介だけど、めちゃ詳しくて写真は無いがイラスト入りの図鑑みたいな感じ。
昔の人は賢いんやな〜と。

ハーブだけでなく、鉱物についても少し紹介されていた。
薬石的な感じで。

この本に紹介されているハーブの知識が古代エジプトにはあったのかと思うと脱帽!

「遙かむかしの美花・化粧品・アクセサリー・ハーブ・スパイス・香料・クスリ。エジプトの遺跡を花で読み解く。エジプト学、植物学はもちろん、植物の文化史、利用史に興味のある人にもすすめたい一冊。」とは商品解説より。

たいがい薬効が「便秘にいい」とかで、エジプトは飽食だったのでは?と推測した。
ほどほどに食べてれば便秘しないもんね。
あと、ハゲ薬とかも書かれてたっけな。

エジプトの植物といえば、パピルスが有名だけど、他にもミルラをふんだんに使ってたり。
植物が豊富にあった開けた文明だったんだなあと思うと、過去にタイムトリップしたくなった。

ずっと気になっていたエジプトのスピリな薫香「キフィ」のレシピも掲載されていて、大満足。
でも、作る前に期限が来て図書館に本を返してしまったのだけれど。
キフィは神殿で焚く聖なる香り。クレオパトラも愛した香りなんだとか。
当時の練り香水みたいなもんかな。
ワイン、レーズン、蜂蜜、ミルラやその他ハーブやレジンをすり鉢ですって作る。
う〜ん、楽しそう。

キフィの件もあり、この本を買おうと思ったら、どうやら絶版になっているらしい。
また図書館行かないと・・・。
[PR]
# by mandalabooks | 2014-04-13 22:03 | 代替医療

宝石伝説


宝石伝説 北出幸男著

昔からよく図書館で見かけていたこの本をついに読むときがやってきた模様。
誕生石にまつわるエピソードから、ダイアモンド、サファイア、ルビー、水晶、翡翠にまつわる伝説をまとめてある。

出版がニューカルトブックス。ニューカルトて!笑
1989年に出版されているから随分古い。

ダイヤモンドをめぐる陰謀や策略の話は前々から聞いてはおったが、耳で聞くよりも文字を追って目で見て読むと重みが違う感じがする。
なんでも宣伝力だな、と。

翡翠と日本のつながりも面白い。
日本は奈良時代の前までは縄文からずっと宝石を愛でていたらしいのだが、奈良時代ぐらいからパタッと石を使わなくなった。著者の説では、翡翠パワーが強過ぎて、封印されたのだとか。
緑の信仰と呪術的な意味合いがあったらしい。
翡翠にまつわる話は月刊ムーに掲載されたものらしく、そこもまた読みたい気持ちをそそるよね。

石の販売とかしてる人にはお客様にお話するネタとして一読しておくのがオススメ、という一冊。
[PR]
# by mandalabooks | 2014-04-13 21:13 | 石関係

宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか
堀秀道著

宮沢賢治と堂々と題名にしている割には、宮沢賢治ネタ最初だけやん!!
最初の項目を題名にするってのはよくあるんやけど、まさかこれもそうなのか、と割と冷ややかに読んでいくうちに、石のいろんな話が面白くて食いついてしまった。

海外と日本での鉱物についての考え方の違いには、自分がミネラルショーの日本人スタッフをしているだけあって薄々気付いてはいたが、堀氏(というか、自分の中での著者は「堀フィールド」と呼んでいる、勝手に。別に彼はタイソンに耳を噛みちぎられてはいないのであるが、ホリ、と来たらやはりフィールド、と繋げてしまうのであった。)の話を見ていると、海外がとてもうらやましく感じられた。
特に、ブルガリア、ソフィアにある鉱物博物館「地球と人類博物館」の話が。なんでも博物館には「鉱物の採集係」という仕事があるらしい。そして博物館には凄い石がゴロゴロあるらしい。て、そら博物館やしね・・・。行ってみたい!!

「地球と人類博物館」は以下のリンクで。
http://bulgariatravel.org/ja/object/27/muzej_zemyata_i_horata

他にも違いというと、海外では「磨いてキラキラ」が美なのに対して、日本は「非研磨」こそが美であって、磨くなんてアホか!とという非研磨信仰があるため、海外からの業者さんが汚いと思っている非研磨のものを好むっていうクダリがあって、ほんとそうだな〜と。いつもミネラルショーでは「なんで磨いちゃうの?!もったいないじゃない!」とお客様からお叱りを受けることもしばしばある。

本を読み進めていると、著者が「なんでも鑑定団」の石の鑑定をされている人だと書いてあった。テレビが無いのであまり見る事がないが。

著者と数名で東京ミネラルショー、国内初の国際的なミネラルショーを作ろうと頑張った話とかなかなか感動だった。この人がいなかったら、今の日本のミネラルショーは無い。
そして私がスターボーンジュエリー夫婦に出会う事も、ブラジル原石屋(スターボーン奥様)で働くことも無かった。素晴らしき、ミネラルの世界!!石が繋ぐご縁。

堀で鉱物といえば、ホリミネラロジー。ていうか、ここの創始者の人か?!
以前、ミネラルショーでブースが隣だったけど、家族の方だったのかな・・・。
著者の方はいなかったけども。て、かなり偉大な人だったのやな。

木内石亭や平賀源内のことなどもちらりと書かれていたり、ネタは多岐に渡る。
非常に読み応えのある一冊だった。
ずっと保存しておきたい一冊。
[PR]
# by mandalabooks | 2014-03-28 02:59 | 石関係

手ぬぐい本が奥深い!


先日、旦那様がロトを買っている間に雪が降って来て寒いのでコンビニで立ち読みして待機しようとしたところに思わぬ出会い本!
「手ぬぐい洗顔」手ぬぐい好きの私としては、読まずにはいれずに手に取ってみた。
シンプルな手ぬぐいと説明本のセット。
あまりこの手のおまけ付き本を購入する事ってレスポのカタログ買ったぐらいで後は一回もなくて、どちらかというと買わない。
しかし、開いてパラパラ見てると、結構オモロい。
帰ってゆっくり読みたくなって、購入決定~!

a0057609_0365751.jpg

この手の手ぬぐいは適当な素材では?と思ったら、色んなコダワリが。
・無蛍光
・水濡れしたら柔らかくなる優しい肌触り
・色落ちしにくい
・乾きやすい(雑菌がたまりにくい)
肌の事を考えて選ばれた感が高くていい。

手ぬぐいは一枚なんだけど、顔用と体用に切って使い分けられるようになってて便利。

a0057609_0373616.jpg

写真や漫画が豊富でめちゃ読みやすい。

基本は手ぬぐいと石鹸だけというシンプルな方法を推奨している。
手ぬぐいを使うとクレンジングいらんと書いてあって、皮を剥いた卵を手のひらで洗ったバージョン、タオルで洗ったバージョン、ガーゼで洗ったバージョン、そして手ぬぐいで洗ったバージョンのパターンが掲載されている。手ぬぐい以外は化粧があまり落ちないのに手ぬぐい+石鹸で洗うと綺麗に落ちているという写真付きの例が書かれてあったので、試してみたら、アイラインがめちゃ綺麗に落ちててびっくり!あまり化粧はしないけど、たまにする。ほぼナチュラルメイクなので手のひら+石鹸パターンだったので、アイラインがたまに残る場合に風呂上がってからまたもう一回洗って、みたいなことを繰り返していたんだけども、手ぬぐい!!凄いやん!!

手ぬぐいは布の目が細かいため、体や顔を洗った後に洗面器などでタオルをゆすぐと垢がすごいと書かれてあったが、これもホントに笑けるぐらい垢が出て、自分が嫌になりそうだった。

お風呂上がりの肌もタオルで洗ってた時と全然違う仕上がりで、つるん♪
なんで今まで手ぬぐいに気がつかなかったんだろうか?!と今までを悔やむほど。
私よりも肌が敏感な旦那様にもすすめたところ、かなりの大絶賛!!

最後に著者が「祖母が教えてくれた手ぬぐい洗顔」ていう項目がある。おばあさまの入浴介護されてた時に肌の綺麗さにびっくりするクダリがある。そこで自分自身もハッと思い出した。うちのばあちゃんもシワもほとんどなく、肌がすごく綺麗だった。いつも「お湯で顔洗ったらアカン、シワ多なるで。」「化粧したらアカン、肌ボロボロなるで。」と小さい頃からよく言われていた。そういえば、ばあちゃん手ぬぐいやったわ、と。
昔の人はそうやったんやな~・・・。このおばあちゃんの知恵は現代の女性に伝えていくべきものだなと思うと、手ぬぐいって深いかも。
たかが手ぬぐい、されど手ぬぐい。
手ぬぐい好きで良かった~!!(地球に生まれて良かった織田裕二風で)
[PR]
# by mandalabooks | 2014-02-23 00:38 | LOHAS

あたらしいあたりまえ


あたらしいあたりまえ
松浦弥太郎著

東京出張に行くバスの中、朝方の休憩の際にコンビニでふと手に取って買った本。
こういうふと何気なく手にした本が後々に心に残ったりもする。

断捨離風エッセイ、、名付けるならそんな新しいジャンルの感じかな。

なんてことない雑談の中に隠されている珠玉の言葉の数々。
読んでいてほっこりと心温まる。
いろいろな場面においての価値観を問う。
自分は何が大切でどう思っているのか、そしてどう生きていくのか。
心の整理術は日々の生活の中で培われると教えてくれる。

台湾で出会ったヂェンさんによる功徳と福徳の話が冒頭の方に出て来る。
これらふたつのバランスの大切さを説いている。
功徳:全く見返りを求めない無償の行為
福徳:品物の対価としてお金を頂いたり、すべての仕事

服屋のヂェンさんとこにお客さんが来て、欲しいものを買おうとしたけどお金が足りなかった場合に、ヂェンさんがお金はあるだけ置いていって服持って帰らすんだそうだ。
その時に差額を貸し付け表みたいなのに書くけどお客さんが帰ったらすぐ破って捨てるらしい。
すぐ払いに来る人もいれば、二度と戻ってこない人もいるけれど、ヂェンさんにとっては関係のないことらしい。
「あたりまえに仕事して暮らしてたら福徳は増えるでしょう、だから時には意識して功徳をしなければなりません。」と言い放つ。
なかなか出来ないなーと、感心。
無償の行為をお金儲けの場で出来るって!
凄いな〜・・・。

あと、「貧乏くさいを捨てる」と「いらないものを探す」のくだり。別に普通の話で、前者はよれっとしたら思い切って処分するとかそういう事ではあるが、せめて靴下や下着はぱりっとしといた方がいいんじゃないか?という話。もったいないから、愛着があるから捨てれないとかをやめようてな事で。
後者は、著者がバスタオル自体を捨ててしまった話で、普通のタオルで間に合うやろてな事。
私はくすっと笑ってしまった。なぜなら断捨離男爵のうちの旦那さんも全く同じだからだ。
「貧乏くさい」のが一番嫌だから、「もったいない」というのも嫌なのだそうだ。
バスタオルはまだ使っているが、極力物をかさばらさない、不要な物は買わないのだ。
私はもともと物好きなので知らぬ間に増えていく。喝を入れるためにも断捨離思想を本から、また色んなところから吸収して保っておくのだ。

と、こういう類いの日々の中に隠された気付きのコネタ集なのだけれど、何かまたふと読み返したくなるおばあちゃんの知恵的な本だ。
[PR]
# by mandalabooks | 2014-01-26 23:28 | life


断捨離ブームが来て、早数年。そろそろ断捨離も定着しつつある昨今、断捨離How toではなく自分の「捨て生活」を綴る作者。「捨てるって気持ちいい!!」と、私の旦那さんと同じ「捨てたい病」の人がいるのだな、と思いながら読むこと数十分。一気読み!!
おぬし、かなりの捨て者(切れ者?)だな、と。
綺麗に整頓されているの次元ではなく、家の中ががら〜んとしている状態。
やっぱここに至るぐらいでなければ本なんて出版出来ないのでしょうな。
あっぱれ!!

いくつかのファッション雑誌の本紹介のページに取り上げられていて、これは見ないと!と思って本屋でつい買ってしまったのだけれども、いやあ、これはうちの旦那さんには読ませられないな・・・。
拍車がかかりそうで、恐ろしげ。

作者は汚部屋(汚屋敷)出身とのこと。
私もそうだった。あまりの汚加減に家に人を呼ぶなんて恥ずかしくて、、、。
自分だけではなく母や祖母の施している汚荷物、汚片付等がヨソさんの目に触れるなぞ、恥の骨頂だった。不の連鎖ならぬ、汚の連鎖状態。
そんな私が旦那さんに出会い、捨て生活の心地よさを知り、今ではこの作者のように「捨て」の美学ではないが、「捨て」が心地良い事を知ってからというもの、「捨て」はなくてはならない生活の一部になっている。
にもかかわらず、荷物って何故増えるのでしょう・・・?
つい、つい、片付けられず、知らぬ間に増えているアレやらコレやら。

作者は捨てれるだけ捨て、シンプルすぎるほどシンプルに荷物を持たない生活をしている。
その部分にかなり共感。
食器は使う最小限のみ棚に置く、とか。
実はいらんのよね、いろんな種類。

私のとこもたいがい人に引かれる状態の捨て者だけど、上には上がおるもんや、笑。
私とこは主に電化製品の少なさをウリ(ハナシのネタ?)にしていこうかな。
作者に会って直接話したいぐらいだ。
とりあえず、今までに捨て去ってスッキリしたのは「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」かな。
もちろん「ラジオ」(←今の時代ラジオの機械なんてあるか?)もねえ。
「電子レンジ」「トースター」「炊飯器」もない。
「じゃあ冬どうしてんの?」と言われるが、1台のみ暖房はある、犬がおるので電気カーペットもある。(昔は私、電磁波が!とほざいており、頑に使うのをこばんでいたが、犬がぶるぶる震えてはかわいそうだと購入するも、快適過ぎて今では自分が手放せない。「こたつ」はもちろんないけど。)
「パソコンとかも使わないの?」と聞かれるが、私ネットショップやってんねやけど・・・、いうハナシで、笑。

著者の方、ブログもされてるそうなので(ブログから話題になり、本に至ったそうな)、そっちもチェックしたいと思う。

さあ、2巻も読んで私も「捨てたい病」発症させようと思う。
[PR]
# by mandalabooks | 2014-01-02 19:23 | LOHAS

そうじ力


成功を加速する「そうじ力」
舛田 光洋著

そうじは小林正観さんの独占特許かと思っていたらそうではないんやね。
そうじ力、消臭力、長州力、、、。
読み方変わってきたが、表紙を見る度にTMレボリューションの歌声が聞こえてくる。
ラーラーラララ、ララララララー♪ あ、やばい。今も。

友人の旦那様が超おすすめということで読ませてもらった。

さて、そうじがこんなに深いとは思っていなかった。
そうじに自己啓発、ビジネス的な要素を組み込んである。
考えた人賢いな〜と思って。
ちょうど、がっくりしまくって泣いて寝れない日の夜中に一冊一気読み。
そうじ力、ホオポノポノと言ってる事一緒じゃないか、と。

わかりやすいように、例を物語仕立てで書いてくれている。
売り上げが悪い自然食品店の新しい店長がそうじ+自己啓発で変化して
ついでに店員達も変化して、成功に導かれていくサクセスストーリー。
それを読みながら自分たち読者も悔い改めていくっていう感じで。

店のトイレだけでなく、家のトイレも洗えとそうじ力のオッサンに言われる店長。
トイレを洗って行くうちに、自分の母親との関係性に気づき、店員達との関係性に反映していることに気づき、ボウルを抱きしめて男泣き。
プライドを水とともに流して、徐々にキレイさっぱりしていく。
さっぱりしたら、自分が計画性のないのに気づいて現状を把握し、店をどうしていきたいか計画を立てビジュアライズし、立てた戦略を実行に移して行く。想定外だらけでも進み、成功したら、次へ。勝ち癖(成功癖)をつけていく、、っていう内容。
女の私からすると順を追って成功の山を上がって行く部分が少し男性的だな〜と思ったりもするけれど、プランなしの私からすると目からウロコだった。これからはちょっとは計画性を持って動きたいもんである。

机の上の状態はあなたの心の状態。
まさに!!
いや、机の上だけではないのだよ。

ということで、翌日はトイレを念入りに掃除。
ボウルは抱きしめられぬが。
ついでにキッチンのシンクやらアレコレ掃除。
いやー、気持ちが良いね!

そうじはしょっちゅうせんとあきませんね〜!!
[PR]
# by mandalabooks | 2013-08-24 00:46 | スピ系

アロハ!


アロハ!  ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉
平良アイリーン著

ルソーの絵が表紙になったホ・オポノポノの本を探していて、行った本屋のどこにも一冊もなかったので一番新しそうなこちらを購入。
これはそのホ・オポノポノを広めたヒューレン博士の言葉をまとめたもの。
著者が印象的だったヒューレン博士の言葉を集めた、といった方が正しいかな。
著者が自分の体験や話を通して語ってくれているので、初心者にもわかりやすい。

ホ・オポノポノ実践者をポノラーとちまたでは言うらしい。
そして、ホ・オポノポノをすることをポノると言うらしい。
で、ホ・オポノポノて何、ってことであるが元々ネイティブハワイアンの問題解決方法だったものを現代社会で活用できるようアレンジしたもの、らしい。
「ありがとう。ごめんなさい。許して下さい。愛しています」
この4つの言葉を使って自分の感情、あらゆる事を浄化(クリーニング)していく方法、みたいな感じだろうか。
潜在意識(ウニヒピリ=心と体、感情と感覚)に積み重なった記憶を消していくこと。
パソコンに溜まっていったいらない情報を消去したり、デフラグなんかで最適化していったりする感じか。いうなれば、ホ・オポノポノは感情や感覚、記憶の断捨離やな。

日本人からすると「ごめんなさい」「許して下さい」は得意かもしれないが、「愛しています」は難しい言葉かも。心屋さんに言わされたくない言葉ナンバーワン。「ありがとう」は普通に言えてたら問題ないと思うけど。常に用意しておくべき4つの言葉。

最近流行の三宅なんとか氏が「おおきに、すまんかったのう、、、関西弁はホオポノポノの宝庫だ」とツイッッターだかでつぶやいたかリツイされてたのかが流れてきたのを見て、なるほどなと思ったのであるが、自分の方言で考えるとすうっと入って来るね。

私はこの本を通して、ホオポノポノが何なのかを汲み取ろうと思った。
なんとなく、、わかりかけてはいる。
が、実体はつかめない。
なぜならば、それは空気のようなものであり、自分で実践しなければ得られるものではないからだ。

ホオポノポノ、ヴィパッサナーになんだか似ているな、と思った。
方法は違えど、言葉こそないけれど、言われている事もやってる事もちょっと似ている。
自分のいらない感情や感覚を滅し、消し、手放し、クリアにしていく部分が。
喜び過ぎも悲しみ過ぎなどの感情のアップダウンを少なくし、ニュートラルにしていくというのもホオポノポノでは「良い事も悪い事も(それらの記憶を)すべてクリーニングしていく」と言う。

この本を買った日は、グランドセクスタイルという占星術上で天に六芒星が描かれた日だった。
母との確執に悩んでいたこともあり、これを手に取り実践すべく買ってみた。
母のことでポノるとなると、謝ることも、愛を語ることも非常に受け入れがたいため、自分自身に対してポノってみることを日に一度でもいいのでやってみようと心がけてみた。
そうすると、なんだか不思議ではあるが、バトっていた日々が過ぎ去り、少しずつ母娘間が緩和してきたようにも思えてきた。

アロハはナマステのように、私は神の前にいますというような神聖な言葉だそうだ。
あるがままのあなた、わたし、それは神。

私と母はアホみたいに何度も何度もハワイに一緒に行っている。住んでるんちゃうか?ぐらいの数えきれない日数をハワイで過ごした。
前世からの因縁だろうか、きっと私と母の確執を取り去る方法はハワイの伝統的問題解決法ホオポノポノなのかもしれない。

他のポノ系本もまた読んでいきたいと思う。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-08-05 23:27 | スピ系

ミャンマーで尼になりました 天野和公 著

すごいネーミングの漫画だ。
何かというと、ミャンマーへヴィパッサナ瞑想の修行に行った女性作者の体験である。
しかも、頭を剃って、だ。
作者は、特にお寺の娘様でもなく、ご主人のお家がお寺ということでもなかったにも関わらず、ともに何もベースのない(檀家なし、コネもなし、スポンサーも土地もない)状態でお寺「みんなの寺」を立ち上げられたツワモノ。
この部分だけでも漫画になりそうなのに、ここは掘り下げず(それについては本を出版されています。)、ご自身のミャンマーヴィパッサナー体験を中心に語られている。
旦那様も瞑想とはいえ、3ヶ月間も家を空けられる奥様を優しく送り出してあげられるなんて凄い!!
幼い頃から仏教に興味を持ち、そこに迷い無く突き進み、人生かけた作者も凄い!
きっと前世でも尼さんだったんではないだろうか。

この本は、作者の生い立ちをはじめに触れておいてあとはミャンマーに至る。
瞑想センターでの1日や、参加者のネタ、瞑想方法について、修行の体験談、師匠の話、ブッダ伝などについて書かれている。
仏教用語については漫画ではなくわかりやすい図で説明してくれていてありがたい。

実は私もヴィパッサナー瞑想にハマっていた時期があり、年のうち1〜2回は10日間の瞑想合宿に参加した体験者でもあるので、共感する部分がたくさんあった。
いつかミャンマーで体験したい!と思っていたので、2Dという紙面上ではあるが、体験させてもらえたような気持ちになった。

ヴィパッサナーと一口に言うても、実は様々な宗派(?)があり、そのセンターによってカラーが違ったり、禁忌事項(戒律?)が違っていたり、肝心の瞑想法も違ったりもする。
が、それは置いといて。

ヴィパッサナーは仏陀の残してくれた、彼が実際に行っていたもので、自身をものごとをあるがままに観察(ヴィパッサナ)する瞑想法。
心の中のいろんなものが浮かんでは消えていく、、、。
作者も正直に、修行中の体験をシェアしてくれている。

瞑想してみたいな〜と思う人や瞑想をすでにしている人、海外でいつか修行してみたい人(特に女子の)にはオススメな一冊♪

うちの旦那さんも出家願望があるので、この漫画を見せたら割と感化されて速攻でミャンマーに行ってしまいそうである・・・。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-07-16 12:08 | 仏教、他宗教