本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

人生を心から楽しむ

a0057609_0102820.jpg人生を心から楽しむ
罪悪感からの解放
ラメッシ・S.バルセカール著
高木 悠鼓訳

罪悪感から開放されるためのHow toではない。
アドバイタ(非二元論)哲学と聞いたことがないような小難しいサンスクリットな響き。
バルセカールはそのアドバイタを教える師である。

神、宇宙、自分自身、エゴ、自由・・・
ギーターやラマナ・マハリシを引用しながら伝えていく言葉の数々。

巻き込まれることからの自由
不幸を起こすのは巻き込まれるから
その肉体を持つ者が巻き込まれることができず、コントロールできない何かとして
起こることを受け入れること、これが起こっていることは何であれ
誰のコントロールも超えている自由
起こっていることは誰かの意思ではなく、起こるべき何かとして
ただ、受け入れられる

最終的な受け入れは、エゴを受け入れること

エゴとは戦ってはいけない、エゴはあなたが作ったものではなく
あなたそのものがエゴである
だからただ受け入れる

個人的行為者という感覚のないエゴ

うけいれる豊かさ

「生まれたものは柔らかくしなやか
死んでいるものは硬直して硬い
固いものは壊れ、柔らかいものが生き残る
柔和な人達が地を受け継ぐ」

成功がやってくるのは心に目的がないから
期待は存在と行為のくつろぎを低下させる
期待がないと行為は非行為になる

「私は求めず期待しないので起こる事をなんでも歓迎し受け入れます
そして、死がくるとき、私は準備が出来ています」

「私たちが自我を見るとき、怖れがあります。
物事のあるがままの中に確信があるとき、
現在あるがままに存在しているものを受け入れているとき
怖れの余地がありません。」
[PR]
by mandalabooks | 2010-12-01 00:37 | ヨガとインド