「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

頑張るのをやめると、豊かさはやってくる



頑張るのをやめると、豊かさはやってくる
アランコーエン著、本田健訳

アランコーエンが書いて、本田健が訳している!
これだけで読みたいなと思わせる何かがある。

アランコーエンは、"I had it all the time"(人生の答えはいつも自分の中にある)を読んで、グイっと引き込まれた作家だ。作家だろうか?スピ系の講演やってる人でもある。もちろん行ったことはないが。
本田健は、有名な『ユダヤ人大富豪の教え』の作者である。

このコラボで豊かさについての一冊をまとめている。

心を楽にして生きること、本当の豊かさを知ることへのヒントが詰まっている。
これらをブロックしているものは、あなたの中にある「不安」やその要素である。
その不安の詰まりを取り除き、スムーズに流れさせる。
そんな薬のような一冊になりえる。
中医学でも「詰まり」「固まり」が病の原因だと中国語の先生(漢方医)が教えてくれた。
気、血、水はいつでも流れている状態が健康なのだ、と。
きっと豊かさも同じなのだろう。
とくとくと芳醇な水を携えた川は悠々と流れ大河、海へとつながっていく。

1から9章に分かれているが、その9つには原則があり、うまくまとめてある。
1:いつでもじゅうぶんにある
2:準備ができたものは手に入る
3:情熱は報われる
4:骨の折れる仕事を大事にしない
5:手にする成果はあなた次第
6:どんどん循環させよう
7:見た目の状況に惑わされない
8:ピンチをチャンスに変える
9:互いにとって素晴らしい存在であれ

読んでいるうちに自分のあれこれを思い出してみたりして心の整理にもなった。

「誰かがイエスと言ってくれる」というクダリで、著者はマイルが使えない日に飛行機に乗ったけれども、諦めずに色んな人にマイル使えないか聞いたらいけた、という話がある。
1回アカンかったからといって諦めないようにと諭してくれる。まるで100回叩いて折れない木はないという韓国の格言のようである。
私も先日これに近い事が起こった。
いつもミネラルショーで手伝わせてもらっている石屋さんがいる。そこにいるのが本当に楽しくて、そこのスタッフの皆様も凄く素晴らしく、大好きで尊敬している人ばかり。ミネラルショーでのバイトは年に一度の楽しみである。関東のショーに来てくれたら、、、と言われたけれど、既に一人関東で担当している子がいたし、移動費も高いので、行くには難しい問題である。
でも、どうしてもミネラルショーで働きたくて、直談判を試みた。
一番格安の夜行バスで出向くこと、友人宅へ泊めてもらいながら行くことで経費がかからない旨提案し、OKサインをもらったのであった。
その後、関東担当の子から連絡が入り、当日は大事な予定があること、今後は違う仕事を探すということで、逆に私にやってもらえるようにバトンタッチしてもらった。そして晴れてこれからの担当がなんと私になったのである。
ボスにすれば経費は安く上がった、私は行けて嬉しいのWin-winな結果となった。
本当にやりたいこと、これや!と直感でビビっと来た事には絶対に折れずやってみる事の大切さをしみじみと味わった出来事であった。


もとい、アランコーエン本の話である。
「すべてのことに感謝します。足りないものはありません。」とは最後のアファメーション。
足るを知る、感謝をすることは、円滑にいくための大事なエッセンスである。

頑張るのをやめると、豊かさってほんまにやってくるね。
それは金銭より心の豊かさの方が大きい。
でも全然そっちの方が金銭のみの潤いよりは、はるかにいい。
[PR]
by mandalabooks | 2012-12-31 17:55 | スピ系