「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

舞い降りた天皇(すめろぎ)

舞い降りた天皇 初代天皇「X」は、どこから来たのか
加治 将一 著





久々にめちゃオモロい!と興奮した本であった。
著者は「龍馬の黒幕」「幕末維新の暗号」を書いた加治 将一。
昔、及川ミッチーが長崎に龍馬の黒幕を探るという番組で著書がちらっと出てくるのを見た事があった。(ちなみにグラバー役がパックン)
それで気になっていたこの著者の本。
実は読んでた「石の扉 フリーメーソンで読み解く世界」の著者でもあったんやね。
「幕末維新の暗号(フルベッキ写真についての考察)」とこちらとどちらにしようかさんざん迷ったが、まずはこちらを上下で買ってみた。
正直上下は長いな、と買うのをためらったりもしたのであるが、いざ読んでみれば展開も早く、どんどん読みハマるためいっぺんに揃えていて正解だった。

さて本の話。
小説仕立ての歴史書みたいな感じ、登場人物は歴史小説作家とその作家のアシスタント(?)が中心である。
「魏志倭人伝」をヒントに天皇Xの存在を浮き彫りにしていくのであるが、その天皇がどっから来たのかを推理していくという内容。
いやあ、発想が、切り口が全く新しい。
だからといって、そらおかしいやろ!という訳ではない。
うすうす感じてた事を「やっぱり!」と代弁してくれるような、もしくは「うまいこと言うた!」みたいな感じだろうか。

著者は邪馬台国九州説で進む。
それをもとに取材の旅をしながら小説を書き進めていくのである。

卑弥呼の治めるシャーマニックな国を彼女亡き後、国を取り仕切り権力を握った天皇X、そのXこそが初代天皇だとし、祭司のような人物だったそうな。そのXはどこからきたのか、何をしていたのか。

魏志倭人伝で出て来る邪馬台国への道程の距離感で九州説、畿内説が未だ割れている最中であるが、著者の推理を読めば、なぜその距離で書かれたかが解かれている。
なるほど〜という感じ。
「卑弥呼は九州にも近畿にもどちらにもいた」と、アメリカの透視家マクモニーグルが言うてた場面をなんだかの番組で昔々見た事があって、それをふっと思い出したけども。

古事記、日本書紀とも照らし合わせながら、なぜこれらが書かれなくてはならなかったのか、陰謀と捏造の繰り返しの歴史を知らされるのである。
著者曰く、始まりは天武(天皇)からで、なぜか自分は40代目の天皇だと言い出したからには自分の代より以前のものを説明しないといけなくなり、急遽作らせた家系図のような日本の歴史書、それが日本書紀と古事記で国内用と国外用にと内容を分けて書いているのだという。

個人的にも天智と天武の派閥当たり、近江京から飛鳥へと遷都した辺りの、唐、新羅、百済も入り乱れての時代が面白いと思っている。
倭人というは様々な人種のミックスでありハイブリッドだそうだ。そこから発展して新倭人なんてのも出て来るのであるが。新加勢大周、ておったよね、、。

アマテラスとスサノオは新羅から来て出雲を征服した。ではなぜ出雲は「山陰」とされ、歴史から封殺されたのか、三種の神器とは何か、朝廷を牛耳った渡来人の秦氏族、などなど興味深い内容が盛りだくさんすぎて書ききれない!

倭人とは何か、縄文人とは何か、国をどう作ったのか、なぜそうしないといけなかったか、心理的な部分からのアプローチも含めて説明している。

稲作、武力、文字(漢字)、祈祷などをふんだんに使って統治していく新倭人勢力。その新倭人には二大勢力があり、それが対馬と壱岐であり、その後の奈良と京都であり、出雲と伊勢であると著者は説く。新倭人は主に北九州と韓国南部の海人(あま)勢力や渡来、土着のミックスとのこと。
「人は流れる」「人は動く」これは今も昔も変わらない。
万物はとどまることを知らないからだ。全てのものは動き、日々移り変わっているのだから、昔の時代であってもそれは同じだろう。

ルーツ探りはタブーとされている。
そんな題材、話題にしていいのだろうか?直球を投げていいのだろうか?
ハッキリと聞いていいのか駄目なのか、いや触らないでおこうみたいな。

だからなのか、何なのか、タブーに手を出した主人公は本の中でも常に追われていたり脅迫されたりしているのであるが、何だか本当にこの著者が実際のリアルな世界でそうされてたんではなかろうかと。それを知らしめるべく書いてるのではないだろうかなどこっちがもう推測してしまっている、そんな推理小説、、、。

つかみ所の無い国日本のつかみ所の無い所以がそこにある。
こういう風にしておこう、そういう事にしておこう的なはっきりとしない日和見主義なシステムのベースを作り出した人は本当はかなりのキレ者ではなかろうか。

最後は映画「地獄の黙示録」を参照しながら、国が成り立っていった様子が描かれる。
縄文人(原住民族)は新しく来た「神」的な文明人によって開拓されていく。
映画「ジェロニモ」の中でアパッチ族がジェロニモを筆頭にアメリカ騎馬兵と戦う場面や、「セデックバレ」で台湾原住民が日本人に対して蜂起した霧社事件を彷彿とさせる。
歴史は繰り返すというが、まさに歴史というのは悲しいかな、常に新しくやってきた者に乗っ取られ戦争をしたりしながら今に続いている。おかげさまで日本は戦後60余年も戦争は無く暮らせているけれど。
歴史というのは人間の欲が上塗りされたものなのかもしれない。

本当の本当、実際の歴史が果たしてどうだったかなんて誰にもわからない。
歴史観も人それぞれだ。
これが事実であるなんてどこにも書かれていないし、そうである必要もない。
フィクションなのかノンフィクションなのか、どれが正解でどれが不正解なのか、それもわからない。
これは、つかみ所の無い国さながら、つかみ所の無い霞のようなものなのだ。
まるでオチさえもふんわりと霧に包まれたような仕上がりになっている。
「ってことは、Xはこれでいいってことなのか??」とわかったようなつもりにはなってはいるが、、、。もう一回再読してみたいと思う。

だけど、これを読んで過去の時代に思いを馳せ、ワクワクするのは大変面白い。

ただし、右っぽい人には全然面白くないはずなので、全然オススメできません。
[PR]
by mandalabooks | 2013-07-08 21:27 | 日本文化