「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

そうじ力


成功を加速する「そうじ力」
舛田 光洋著

そうじは小林正観さんの独占特許かと思っていたらそうではないんやね。
そうじ力、消臭力、長州力、、、。
読み方変わってきたが、表紙を見る度にTMレボリューションの歌声が聞こえてくる。
ラーラーラララ、ララララララー♪ あ、やばい。今も。

友人の旦那様が超おすすめということで読ませてもらった。

さて、そうじがこんなに深いとは思っていなかった。
そうじに自己啓発、ビジネス的な要素を組み込んである。
考えた人賢いな〜と思って。
ちょうど、がっくりしまくって泣いて寝れない日の夜中に一冊一気読み。
そうじ力、ホオポノポノと言ってる事一緒じゃないか、と。

わかりやすいように、例を物語仕立てで書いてくれている。
売り上げが悪い自然食品店の新しい店長がそうじ+自己啓発で変化して
ついでに店員達も変化して、成功に導かれていくサクセスストーリー。
それを読みながら自分たち読者も悔い改めていくっていう感じで。

店のトイレだけでなく、家のトイレも洗えとそうじ力のオッサンに言われる店長。
トイレを洗って行くうちに、自分の母親との関係性に気づき、店員達との関係性に反映していることに気づき、ボウルを抱きしめて男泣き。
プライドを水とともに流して、徐々にキレイさっぱりしていく。
さっぱりしたら、自分が計画性のないのに気づいて現状を把握し、店をどうしていきたいか計画を立てビジュアライズし、立てた戦略を実行に移して行く。想定外だらけでも進み、成功したら、次へ。勝ち癖(成功癖)をつけていく、、っていう内容。
女の私からすると順を追って成功の山を上がって行く部分が少し男性的だな〜と思ったりもするけれど、プランなしの私からすると目からウロコだった。これからはちょっとは計画性を持って動きたいもんである。

机の上の状態はあなたの心の状態。
まさに!!
いや、机の上だけではないのだよ。

ということで、翌日はトイレを念入りに掃除。
ボウルは抱きしめられぬが。
ついでにキッチンのシンクやらアレコレ掃除。
いやー、気持ちが良いね!

そうじはしょっちゅうせんとあきませんね〜!!
[PR]
by mandalabooks | 2013-08-24 00:46 | スピ系