「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

22を超えてゆけ


22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険
辻 麻里子 (著)

いや~、久々に自分の中で「キターーー!ミターーー!コウターーー!」(喜多商店By関西ローカルCM)って感じで、ヒットしてま。
いや~、もう、目からウロコやわ、納得やわ、再確認やわ、と、一頁一頁に興奮。

特に、上下のピラミッド(ひし形ピラミッド)に関しては、「私もそう思っててん!」と、言いたくて、言いたくて。
著者に手紙でも書こうかと思ったぐらい。
興奮はまだ冷めやらず。

最初は、「えっ、これは小説風?物語なのか?」と、読もうかどうしようか迷ったのだけれど、読み始めたら、一気で。早く続きを~~。と、求めている最中。
続きは、アマゾンでも売切れていて、えらい値段がついている。

この物語は、著者の臨死体験に基づいて書かれているようだ。

「現在、過去、未来の時間の座標軸と空間の座標軸が交錯しあい、さらに幾つもの次元が重なった中を、主人公のマヤは難問をクリアしながら、太陽の国へと向ってゆく。第一の式(9+13)+1、第二の式Z=1/137、そして第三の式とは?封印された禁じ手、過去から未来にわたる全人類の記憶を一つ残らず書き記しているという「宇宙図書館」へとマヤは果敢な冒険に旅立つ―。 」
(商品の説明Byアマゾン より)

神話、夢、石、色、音、神話、幾何学、ゼロ磁場、数列などなど、私が興味を持つものすべてが合わさっている。全ては数字に置き換えられると思っていても、私の頭ではとうてい無理だったものが、
(答えは直感的に知っているけど、式を論理的に説明できません)
こうですよ!と並べられている、それをいっぺんに見れた爽快感がおわかりでしょうか?
たぶん、ひとり興奮しているのでしょうね。

こないだ読んだ、ドランヴァロの「ハートの聖なる空間」へに通ずる部分がある。
先に読んでおいてよかったかも。

インド哲学にも通じる3。この世界は三次元。
二元性の真ん中にあるゼロポイント。
過去と未来の中にある今。創造と破壊の間にある停止。
ゼロは台風の目の部分であると私は思う。
吸う、吐く、止める。その中にある静寂、無。無は全てを含んでいる。

+1が、境界を越えるという意味ってのは、なるほど納得で。
1年12ヶ月説、13ヶ月説であーだこーだいってるけれども、12+1なのよね。
キリストやブッダの弟子も12人、12人+1人なのよね。
9は、いろんな数字を全部一桁に計算したときの最大は、9である。
9って不思議で、9足しても引いても何しても最後は9でしかないので、何しても、最後は9になる。
計算がどうも苦手なため、説明もうまくできない。
なにせ、(9+12)+1 で納得だった。だから、22を超えてゆけってことで。

後でもう一回読もう・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自分が発する言葉には十分注意しなければならない。
泣きごとや、恨みごと、人を陥れるような言葉を使うのはもうやめよう。それらの言葉はいつまでも地上にまとわりつき、人々を窒息させてしまうから。それは、人間だけでなく、植物や他の生き物、そして惑星地球にさえも悪影響を及ぼしてしまう。暴言をひとつ吐いてしまったら、祝福の言葉を発し、色を中和させ、バランスを取らなければならない。言葉とは、本来、伝達の道具や、心を縛り付けるためのものではなく、世界への讃歌ではないだろうか。これからはできるだけ感謝の言葉を発して、世界を虹色でうめつくしたい・・・。


石に対する認識が誤りであったことを、あなたがたは精神レベルが高くなったときに、ようやく気づくことでしょう。
太古の文明の痕跡が、ゴロゴロと転がっているのに、あなたがたは単なる石ころだと思い、気にも留めないとは哀れな話です。波動石を見れば武器だとか、丸い石を見ればお墓だとか、石柱を見れば日時計だとか・・・あなたがたは固定観念にしばられ、物事の本質を見つめようとしないのです。
それだけではありません。過去からのメッセージを解読できないばかりか、それらを破壊し、踏みつけて足場にしているありさまなのです。


左 受信(1+12)/右 送信(1+6+6)
(1+6)+3×2(ゼロポイント)


石は話ができないとお思いでしょうか?われわれに言わせれば、ヒトが石の言葉を理解していないのです。


(可視光線について)
あなたがたの目には、透明な光としてしか認識できませんが、透明な光には、いくつかもの別々の性質を帯びたものがあるのです。色や光を波長の長さなどといって直線上にとらえていては、宇宙の光をつかむことはできません。色は直線上を進むのではなく、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫・赤紫そして赤という順番に、色彩の輪の上を螺旋を描き進んでいくのです。宇宙の光は、透明な赤、透明な橙、透明な黄、透明な緑・・・というように、色彩の輪と同じパターンで進みます。

地球の光
1赤・2橙・3黄・4緑・5青・6藍・7紫・8ローズピンク・9白銀・0明るい金色


(三)
固体・液体・気体/物質・光・音/無意識・意識・超意識/α・β・θ/プラス・マイナス・ゼロ

(プラトン立体)
正三角形×4枚=正四面体
正三角形×8枚=正八面体
正三角形×20枚=正二十面体
正方形×6枚=立方体
正五角形×12枚=正十二面体

立体の背後→球 球を削りだして立体を作る


宇宙的な鼓動(リズム)との同調点に到達すると、心の中に「ゼロポイント」と呼ばれる状態が訪れる。


1987年と2037年の間、ゼロの発生ポイント(2012年)


宇宙図書館
33段の階段→左の狛犬(勇気)「汝自身で在れ」、右の狛犬(知恵)「汝自身を知れ」→真ん中の光の渦のドアが入り口
エントランスは、ラピスのアーチ、ターコイズの天井
抜ければ長い回廊に沿って光の中庭
直線の道、左右カーブの道の3本の道、分岐点に1.3mの水晶球
(手をかざし、質問すれば目的の本がでる)

12あるエリア(心はゼロポイントにエゴなく)
1:遺伝子工学と宇宙科学(DNA図書館)
2:ここまで坂道
3:ここから平坦
4:直感、インスピレーション、神秘的な本、青いイルカが泳ぐ
5:左右のバランスの大切さを実体験できる
6:サファイヤの床、薄紅色のヴェールがなびく
(6と7の間は中間地点)
7:廃墟
8:夢の調査に役立つ本、楽譜や絵画は誰でも閲覧可能
9:魂の閲覧所、個人の本
10:ダイヤモンドのような藍色の光
11:エメラルドグリーンに輝く
(人気がなくなる)
12:ひときわ大きなクリスタル
(13への中継点、光円錐)
[PR]
by mandalabooks | 2009-04-23 14:40 | スピ系