「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

日本人が知らない本当の道教

a0057609_21352839.jpg日本人が知らない本当の道教
三多道長 (著)

台湾に渡り道士として活躍している著者。日本で唯一の現役道士なんだそうな。
道教について気になる最近の入門書として購入。
タオ(道教)は、ヨガとかインド哲学に通じるもんがかなりある、あると思ったけれど、やっぱり!

宇宙観、陰陽、占、風水などを通じて見えてくる全てはエネルギーであるという概念。
そのエネルギーをいかに陽転させていくか。
吉を呼び込み、凶を避ける「趨吉避凶(すうきちひきょう)」の道。
いかに福を呼ぶかは、自分の心がけ次第であり、自分の努力次第で開けていくのである。

徳川家康がかなり風水にハマっていたというクダリにへ~、ほ~と驚き、まるで都市伝説を見ているかのようであり、お墓を大事にするところなんかは、儒教にもつながってたりするんじゃないのかな~なんて思った。

陰陽、正邪、天地、吉凶などなど対極の二つが必ずある。
それを見出すには、自分が「虚」のニュートラルな状態(仏教では「空」)にもっていくこと。
打坐(瞑想かな?)を行い、よい水と食べ物を取り入れ(吃素/チースー=ベジ食で肉体の汚濁を取るのもよい)、場や人を清め、いい心を持ち、いい本を読み、いい態度を取り、いい話をし、いいことを行う。
自分の運をいかによくしていくかが大事やね。

プロテクトする方法なんかも面白かった。
翡翠、赤い紐、香が良いらしい。

いやー、なかなか面白いので、また次の道教本にも期待だな。
[PR]
by mandalabooks | 2009-10-20 22:05 | 仏教、他宗教