「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0057609_20255874.jpg日本人が知らない「人類支配者」の正体
船井 幸雄 (著), 太田 龍 (著)


ものすごくそそられる題名である。
これってもしかして、アレでないの?
そうそう、そのアレだよ。
でも、他にもあるんだってよ。秘密結社が。

日本は幕末からすでに狙われていたようで。
日本の歴史観が一変してしまう一冊。

秘密結社、宇宙人、などなどぶっ飛んだ部分から見る神の国日本の再建とは?

船井さん、気になるオッサン、だったけど
初めて読んだ。
う~ん、印象的。

もういっぺん読んでみよっと。
[PR]
by mandalabooks | 2008-07-15 20:26 | その他

宇宙スイッチ

a0057609_20192170.jpg宇宙スイッチ
ジョー・ヴィターレ (著), 住友 進 (翻訳)

引き寄せの法則関連の続きで読める本。
全部の本に内容が似ているなーと思いつつも惹きこまれ
最後まで読んでしまうという感じだ。

本の中には多々、自分がハッとする言葉が隠されていて、
うなずくことがたくさんあった。

彼のいうこれらのステップであなたも引き寄せ上手になれるかも。

1)「自分が望んでいないこと」は何かを知る
2)「自分が望んでいること」は何かを知る
3)「自分の意思」をはっきりさせる
4)「すでに望みはかなった」と感じる
5)宇宙にすべてをゆだねる
[PR]
by mandalabooks | 2008-07-15 20:24 | スピ系

引き寄せの法則 奥義編

a0057609_1433223.jpg引き寄せの法則 奥義篇―あなたの願望を実現する超メンタルパワーの使い方
ウィリアム W.アトキンソン (著), 林 陽 (翻訳)


帯にある「悪用禁止」と訳者に引かれてゲット。
翻訳は、エドガーケイシー本でもおなじみの林陽氏である。

アマゾンの出版社からのコメントより引用
■歴史上の英雄や超富豪たちが活用している黒魔術ともなり得る力の秘密--
すべてのものを中心に引き寄せる渦巻きの作り方がこの本には書かれています。
著者アトキンソンは、このような強力な抗しがたい
マインドコントロールから、自らを防御するために
「この力の秘密を使ってほしい」と切に願ってこの本を著しました。


・・・ということで、念力、感化力について書かれている。
引き寄せ本のつもりで買うと「あれ?」ってなことになるぞ。

が、しかし、これはヨガの宇宙理論に全くもって沿っている。
瞑想されている方ならば、体感している部分でもあるだろう。
念=波動であり、微粒子(カラーパ)である。
そして、それは振動するエネルギーである。
まるで、Omである。Omは宇宙の音であり、振動するエネルギーであり、
万物の始まりであり終わりであり、微粒子であるのと同じ理論である。
それは、また量子力学と同じである。

念波の動き、それは宇宙の法則であり、
良くも悪くも使い方であるということを言っている。

それを知りさえすれば、人から悪影響も受けずに済むのである。
[PR]
by mandalabooks | 2008-07-04 01:55 | スピ系

オクターブ

a0057609_1253436.jpgオクターヴ
田口 ランディ (著)


失踪した友人ミツコを探しにバリに出かけていく主人公マホ。
そこで作られていくマホの現実離れした7日間の物語。
人間の欲望や、バリのスピリチュアリティ、現実と幻のシンクロナイズ・・・。
音はないのに、そこにはガムランやピアノの音が流れているような感覚。
リアルな表現力とランディ節に引きずり込まれる。
それはまるで、治るのが遅くなるのを知りながら、
かさぶたを再びはがしたくなるような心境にも似ている。
時々、痛くて目をそらしたくなるのに、見ずにはいられないような。
だから、二回は読まないけど、しっかりと心に刻まれてしまった、
「傷口に染みる」一冊だった。
[PR]
by mandalabooks | 2008-07-04 01:36 | その他