「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

阿修羅よ・・・

阿修羅よ・・・輪廻の世界
ひろさちや著

写真なし。
1978年、ひろ氏が48歳で書き上げた阿修羅への祈りを込めた一冊。

いきなり「阿修羅よ・・・」という絶句的な呼びかけで始まる。
阿修羅よ、怒るべし
阿修羅よ、怒るなかれ
怒りの象徴である阿修羅への問いかけをどうすべきか迷っている。

阿修羅とはどんな存在であったのか、
敵対する帝釈天との関係、正義とは、倫理とは、政治とは、宗教とは、
仏教六道の中での阿修羅の位置づけ
などなどを教えてくれる。

阿修羅のイメージは、「悪」である。
しかし、本当は正義感が強すぎて、人々に煙たがられて、押しやられた存在なのではないか?
それが、神から転落し、魔人と呼ばれた所以ではないか?
実際、本文で「正義は怒りである」とも解く。
阿修羅は、弱くだらしない人間に怒りを発する。
人々は甘えたいのに、その隙を与えないから、人々は遠のいていくという。

神といわれる帝釈天に、やられっぱなしの阿修羅ではあるが、あくなき挑戦を続けていく。
この神という権力者に。
それを著者自身が学生運動をしていた頃の政治情勢に例えて話を進めていくところも面白い。
反体制の怒れる存在として阿修羅を見た著者は、そこへ感情移入していたという。

最後に著者は諭すように言う。
「阿修羅よ・・、汝、あきらめよ」と。
もう少し、思いやりがあれば、誤解を受けないのに、と。

2005年に、この本を改題、加筆訂正した「私の中の阿修羅」も読んでみたい。
[PR]
by mandalabooks | 2009-06-14 23:05 | 仏教、他宗教

韓のくに紀行

a0057609_18551826.jpg街道をゆく (2)
司馬 遼太郎 (著)

ずっと挑戦したかった司馬文庫。ついに!!
司馬氏、布施(東大阪市)の人だと書いてあり、かなり親近感が沸く。
出版されたのは、78年。これを書かれたのは、71年だそうで、もうかれこれ38年も前のこと。私はまだ生まれていない。
その頃の韓国、今の韓国。だいぶ違うかったんじゃなかろうか。
SMAPや小栗くんが韓国で人気だとか、ありえなかった時代だ。
今の韓国の大統領が、生野(大阪市)出身だったり、ロッテも韓国で大企業である。


さて、司馬氏、日韓同祖論をちらリズム。
私もそう思うのである。
たぶん、これきっかけの旅なのではないだろうか?
両方の言語も、ウラル・アルタイ語から派生している。

釜山、金海(釜山空港のある周辺)、慶州(新羅)、テグ、扶余(百済)をまわる。
最後に近江(滋賀)は鬼室(きしつ)神社に飛び、韓国と日本の関係が深いことを思わせてくれる。
滋賀には、朝鮮人街道という名の街道が残っているし、百済寺という名の寺もあるし、
韓国にある仏像と同じようなものが滋賀にだけあったりもする。
蒲生(がもう)という街は、百済の人々が開いたのだそうだ。

韓国には、高句麗、新羅、百済の三国があったが、もうひとつの文化「伽耶国/かやこく(任那/みまな)」と呼ばれる小さな国があった。慶尚南道、釜山から金海あたりの伽耶山の付近である。
この国だけが、他の韓人とは違う風俗を持っていて、それは倭に似ていたという。

日本は、倭(わ)である。
日本人は、倭人なのである。
たまに、倭奴(ウェノム)である。
司馬氏の言うところの「倭」、納得である。

秀吉の時代、朝鮮出兵(壬辰の倭乱)の時に、日本の武将が兵三千人を率いて朝鮮側に戦わずして降伏し、帰化したという。今では、沙也可(さやか)将軍の地として観光マップにも載っているが、司馬氏の時代には、「なんやそれ?そんなん調べてけったいなオッサン」みたいな感じだったそうである。
この将軍は、戦いばかりの国に嫌気が差し、儒教の国へ「暮夏思想」を抱いて、日本から出たようだ。狭い日本に嫌気が差して海外へ行く、この気持ちは私にもよくわかる・・・。
司馬氏は、沙也可の末裔が住む村へと向かう。
なんでも、ここへ行こうと思い立ったわけは、司馬氏が兵役の時に仲良しだった軍医が「誰にも言っていないけれど、俺は朝鮮出身だ。しかし、秀吉時代の日本人だ。」と言って亡くなったことかららしい。この言葉して、旅は始まったのであった。

日本とはまた違った儒教的な文化背景、歴史観を含め、学校では教えてくれなかった「韓国」と「日本(と日本の成り立ち)」を知れる。

すごい本だ!
[PR]
by mandalabooks | 2009-06-14 19:51 |

阿修羅のジュエリー

a0057609_22224022.jpg阿修羅のジュエリー
鶴岡 真弓 (著)

東京の阿修羅展にあわせて行われていた本屋の阿修羅本特集コーナー(といっても、大阪には阿修羅展は来ないのに!)で平積みされていたこの本を手にとってみて、仏像ではなく、仏像の身に着けているジュエリーにフォーカスして書かれていることを知り大興奮。
私も仏像を見るとき、あまりそれが何仏であったり、どういうご利益があるとか、そんなんはどうでもいい。
私が気になっているのは、身に着けているジュエリーがどうなってんのかってこと。
顔やら手の印やらは、二の次だから。

阿修羅のつけていた東洋らしいジュエリーのモチーフは、海を超え、西洋にたどり着いて、そしてまた東洋に逆輸入されている。
日本の阿修羅像から始まり、中国、イラン、トルコとシルクロードを通り、ヨーロッパへと至る。
さまざまな西洋の絵画(サロメを描いた作品や、クリムトや、イタリアの人物画などなど)に描かれるジュエリーにまつわるアレコレや、ジュエリーのモチーフとなった唐草模様や花模様の背景など、いろんな観点からひもといていく。

仏像が身に着けている装飾品はそれぞれ用語があったりして、勉強になる。
ネックレスは、「瓔珞 ようらく/珠玉や貴金属を編んで胸などに飾る装身具」
ブレスレットは、「釧 くしろ/装身具の腕輪の一」「腕釧 わんせん」「臂釧 ひせん(二の腕の腕輪)」
などというらしい。

行きたいなあ、阿修羅展・・・。



阿修羅のジュエリーを通して、世界史、宗教、ファッションを知れる一冊。
[PR]
by mandalabooks | 2009-06-11 22:46 | 仏教、他宗教

百億の昼と千億の夜

a0057609_21442670.jpg百億の昼と千億の夜
光瀬 龍 (著), 萩尾 望都 (著)

久々におもろい漫画やと思ったら、やっぱり萩尾 望都の漫画だった。
マトリックスをも髣髴とさせるストーリー。
マトリックスの作者の人、これも読んだんちゃうやろか?みたいに思えてきたりもする。
一体、人間って何?地球って何?宇宙って何?などの疑問の数々。
話はアトランティスから始まり、さまざまな時代を超えて、未来へと続いていく。
壮大で宇宙的なロマンを追求するSFスペクタクル。

シッダルダ、阿修羅、キリスト、ユダ、プラトンなどいっぺんに出てくるから面白い。
しかも、キリストが悪者になってるっていう、思いもつかない展開。

最近、阿修羅好きの私は、最後のオチに、やられました・・・。

宇宙は無限なり。
[PR]
by mandalabooks | 2009-06-11 21:51 | 漫画

韓国がわかる60の風景

a0057609_2126431.jpg韓国がわかる60の風景
林 史樹 (著)

大阪の万博公園にある国立民族学博物館で外来研究員をしてはったという著者の経歴にまず、興味を持った。現在は、神田外語大学外国語学部講師をされているそうである。そして、奥様は韓国の方とのこと。

日本人の著者が感じる、韓国の文化と日本の文化の違い。
それは、まだ知りたてで新鮮だったから感じることができる違い。
慣れてきて、この違いも当たり前になってくるころには、本も書けなくなるから、その前に出版したそうである。
なるほどねーー。
韓国を知れるためのアレコレを60個にキーワードにまとめて、読みやすく書かれている。

「あ、これわかるわ~」とか、「ふうん、そうなんや。」とか、「そうそう!」みたいな、なんか共感する部分もあったり、新しい発見もあったりで、面白い。

韓国と日本の関係についての本に凝ってる私としては、読まずにいれなかった。


飲む―一人で一杯ひっかける
握る―男同士でも手をつなぐ
食べる―キムチはおかわりが自由である
支払う―四人で飲めば四次会
撮る―あなたもスターになれる野外撮影
謝る―友だち同士に「ゴメン」ということばはない
保つ―死んでもよいから健康でいたい
駆ける―バスを追いかけて
広がる―辛くてコクのあるチャンポン
愛する―郷土愛の裏側
などなど

個人的には、「口説く/1000回たたいて折れない木は無い=韓国の男は口説きがしつこい」と「混ぜる/おいしい食べ方をめぐって=なんでもぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べた方がおいしいという理論」が面白かった。
[PR]
by mandalabooks | 2009-06-11 21:26 |