本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0057609_10191582.jpg英語ができない私をせめないで!
小栗 左多里 (著)

文庫新作のとこに平積みされているこの本を発見。
「ダーリンは外国人」の著者が織り成す英会話習得への道、ドタバタ編、みたいな感じかな。
私個人としては、ダーリンは、、、の漫画を読んでいないため、エッセイでもすうっと入ってきたけれど、書評はほんとに批評がすぎるほど、「そこまで書いたらんでもええやん。」「期待しすぎでは?」と思ってみたり。

今までやってきた学習法のあれこれ、それについての良かった点や、よろしくなかった点を素直に書いてくれている。それについては、自分さらけ出し度にあっぱれである。

日本人批判の過ぎる校長がいるスクールに抗議の手紙を送る、5万円もする教材を買っては聞きながら寝てしまう、日々の単語が送られてくるメルマがを読まずに溜め込んでしまう、など面白(?)失敗エピソードを絡めつつ、いろんな回り道をしつつ、結局は地道にやらねば身にならないという結論に至るっていう。

どっちかっつーと(て、何と比べてるんだか?)「英語学習、私の失敗談」的な本かしら?
友達と話すときに、「私こんなん、こんなんやってさー、最悪やろー。」てな感じでカフェとかで喋くり合ったりするけれど、そんなノリで、友達の話題を聞く感じで楽しく読み進んでいった本。

私は著者のように数多くの英会話学習法をやってはいないため、ここまでネタになることは持ち合わせてはいないけれど、英語を勉強してきた事がある部分でとっても共感したりするのであった。

最後に「これは、英語ができない私の言い訳本です。すいません。」なページが。
「謝らなくてもいいんじゃないの?」と思ったけど、某書評を見て、けっこうな批判が立っていたので、そこはフォローしないといけないかー、大人の理由としては・・・と一人客観的に納得してみたり。
でも、題名にちゃんと書いているじゃない。
「英語ができない私をせめないで!」って。
[PR]
by mandalabooks | 2010-04-27 10:42 | その他
a0057609_12325932.jpga0057609_12331568.jpg日本人の知らない日本語
蛇蔵(イラスト)&海野凪子(著)



本屋のレジ近くに置いてあって、レジ前なのに長々と立ち読み。止まらないほど面白い。ちょっと声を出して笑いそうになって「ヤバい」と思う。半分ぐらい読んだところで、これは買いだな、と決意。
決意したものの、時間がなく、そのまま泣く泣く店を後にした。その後、この本がとても気になる日々・・・。やっと、晴れて購入にいたる。

いや~、面白い。しかも、勉強になる。日本人の知らない日本語がそこらじゅうにあった。
ただ、題名にとらわれて「日本人の知らない日本語」を学びたい場合は、それ系専門書でどうぞ。
これは、日本語教師と外国人教え子による日常の様々なことをコメディにしている漫画である。

日本人は日本語をぞんざいに扱ってしまっていると聞いたことがあるが、それはほんまかもしれない。(文化や、って言われたらそれまでやけど)
なんでも在り文化は、言葉もなんでも在りなのかも。
日本語って難しい上に言葉の使い方の多様性によってさらにややこしくなってしまっているので、日本語が非母国語の方にはずいぶんと骨折りな言語なのかもしれないと思う。
日本語が母国語の私たちは、なんとなくそうだから、、、で染み付いてしまっている使い方は、すんごいわかりにくいんでしょうね。理解しがたい。
そう、理解しがたい。日本は周りの国々からしたら、不思議の数々なはず。

「立って言って下さい。」と生徒さんに言ったら、生徒さんが「タ」って言った、とか。
(タ、って言って下さい。と間違えたっていうだけの話やけど。)
たわいもないネタであるけど、それがなんかくすぐるツボだったりする。

ヤクザ映画口調で喋るな、と思ったら、仁侠映画で日本語を覚えた人とか、
武士口調だと思ったら、黒澤映画好きとか、漫画に出てくる擬音語を喋ってると思ったら、アニオタだったりとか、日本文化は漫画や映画からとっても広まっているのだな、と感慨深いものがあった。

自分自身も外国語(英語・中国語)を勉強しているが、その際にいろいろやらかしてしまう失敗やらで、たまに先生が笑ったりすることがあるけれども、こういう事なんやろうなあって思った。

今、日本語を学ぶ外国人が増えている、反対に外国語を学ぶ日本人も増えている。
言葉を学ぶのは、その背景の文化もまるごと学ぶということであり、すごく素敵な異文化交流に発展するに違いないと私は思っている。そしたら、人々の中にある偏見とかが絶対なくなっていくと思うねんけど。

言語ってやっぱ面白い!
ただ、日本語教師は私には絶対無理、と思った。複雑な日本語をさらに深めていくよりも外国語を習ったほうが簡単な気がする・・・。
[PR]
by mandalabooks | 2010-04-21 12:33 | 日本文化
a0057609_2134247.jpg毒を出す生活 ためる生活
蓮村 誠 (著)

野菜の宅配を頼んでいる某業者さんのチラシに載っており、ジャケ買いしてしまったもの。
生活についてのアレコレとか、食事療法なのかな、と思いきや、アーユルヴェーダからみた健康について。
もっとタイトルにアーユルヴェーダ的な題名をチラつかせていれば、あまりギャップは感じないかもしれない。
それがネックなのか、アマゾンのブックレビューがさんざんで可哀想である。

アーユルヴェーダの食療法については、いい部分ももちろんあるが
個人的には、日本の気候や宗教観を頭に置いて考えてみると、ちょっと無理があるかもしれない、と思っている。

インドでは神様の乗り物である牛さんの神聖な乳は、至高の食物であるが、日本人は割と乳糖不耐だったりする。

アーユルヴェーダ的には食べ残しを好まないため、調理中に味見をしない、とあるが、そういえば、アシュラムでは、調理人は味見しないと言っていた。調理場は神聖なためか、生理中の女性は入ってはいけなかったし、あまりそこらにあるもの(ココナツとかいろいろ)も触ってはならなかった。
食べ残しっつっても、インド料理はほぼメニューがカレーかカレーにつけるあれこれしかないしね。
日本じゃあ、2日目のカレーが美味いって言うけどな。

トコロ変われば、、、っていうのを思い知らされるので、日本にいながらインド的カルチャーを知れる。

いいなと思った部分に関して日常に取り入れられる部分は、取り入れたらいいと思う。

トリドーシャ(3つの体質)をチェック出来るセルフテストがあるのだが、
これが、なかなか占いや心理テストみたいでもあり、面白かった。
体質ひとつのみならず、いろんなチェックがある。
私は、現在ヴァータの乱れ。これをもとに、食を見直してみようかと思い直した。
[PR]
by mandalabooks | 2010-04-13 22:00 | 代替医療

チャクラ・ヒーリング

a0057609_18101273.jpg魂からの癒し チャクラ・ヒーリング
ブレンダ・デーヴィス (著), 三木 直子 (著)

チャクラ本関係はいろいろ目を通しているが、こちらの本はけっこう充実していると思う。
だいたいが途中で退屈して飽きてくるのであるが、それもなく。どんどん読み進む。
読むというか、学ぶという感じがあるので、言い換えれば、「チャクラの教科書」、といったところ。
ただ、チャクラに興味が無い場合は、面白みは感じられないと思う。

私はいいと思った部分に付箋を貼ったりするのであるが、だいたい数枚のこと。
しかし、この本は、付箋まみれであった。
新しい付箋買っておいてよかったな、っちゅう話で。
もとい、
この本では、1から7までのチャクラについての詳しい内容のみならず、対応する精油やパワーストーンも紹介してくれている。
最初のチャクラ自己診断テストは、是非やってみることをおススメする。

ブレンダ氏は、精神科医であるが、
アメリカでは、精神科医が開眼してからスピ本をしたためるのが多いのかも。
前世療法の著者しかり、アルタイにシャーマニズムを習いに行った著者しかり、
あげるとキリがない。しかも、皆とっても真剣で、アツイ!!真面目だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
距離を置く(ディタッチメント)は、愛着(アタッチメント)の間違いだと思う人がいます。
愛するものには愛着があると言う方が一見つじつまがあっているからです。
でも、真実の愛の核にあるのは、自由であり、そして自由とは手放す、ということなのです。
(ハートチャクラ)

ハートチャクラが健康であれば、私たちは他の人と健全な距離を保つことができ、その結果、
自由な呼吸、開放感と空間を楽しむことが出来ます。
真に愛し支えあいながら、自分自身の人生を楽しむ時間が余分に持てることは言うまでもありません。
(ハートチャクラ)

よく考えずに不用意に口を開くことが私達にはあります。
けれども口にされた言葉が持つ重さと責任を理解するにつれて、
私たちはより注意深く言葉を選ぶようになります。
なぜなら、一度空中に放たれた言葉は、決して取り戻すことができないからです。
(スロートチャクラ)

それがなんであれ、好きでたまらないこと、それが、すなわち
私たちが創造性を持っている分野です。
(スロートチャクラ)

スロートチャクラがブロックされてい場合、
肉体的には、咽頭炎、風邪、体腺の腫れ、首の痛み、歯の痛みなどが繰り返し起こります。
甲状腺機能低下あるいは甲状腺機能亢進症を起こすかもしれません。
前者は倦怠感、体重の増加、憂鬱感、肌や髪がガサガサになるなどの症状、
後者は体重の減少、不安感、不眠、イライラ感を伴った興奮状態といった症状となってあらわれます。
(スロートチャクラ)

チャクラの色のものを身につけるだけで、そのチャクラの詰まりを取り除くのに役立ちます。
[PR]
by mandalabooks | 2010-04-13 18:34 | スピ系