本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女湯のできごと

a0057609_1712880.jpg女湯のできごと
益田 ミリ (著)

益田ミリ氏の本は同郷だからか、かなり「それめっちゃわかる!」の宝庫である。
それゆえ、見つけ次第買ってしまうのであり、かなり大好きなのだ。
もう、読み終わったらいつもいつもメールか手紙を書きたい衝動にかられてしまう。
(迷惑なので思うだけにとどめているが)

昔、銭湯は身近だった。お風呂のない家が多かった。
だからといって貧乏とかそういうことではなく、そういう文化である。
私も小さい頃は銭湯に通っていた。

読めば読むほどに思い出されるマイ銭湯エピソード、かぶるかぶる。
ネタもかぶれば、湯もかぶる。
そうなんだよねーん。

大阪銭湯物語やわ。
下町~♪
懐かしい~♪

洗面器で息つぎの練習をする子供→おったおった!私もやった!
脱衣所のロッカーキーのゴムで髪の毛を結うおばちゃん→絶対何人かおった
銭湯のベビーベッドでの周囲の人のやりとり→あたたかかったよなあ
銭湯ののれんをリンボーダンスでくぐる→してた
頭乾かすやつ(ヘルメット型乾燥機)は3分、おばちゃんがそれまでに乾いたら「あんた乾かし」と譲ってくれるもったいない魂→言われた
木の下駄箱の鍵はゲタフダ→言うてた
石鹸箱にタオルをかぶせて角に口をつけて吹くとブクブクなる→子供の定番

風呂屋とは近所の憩いの場であり、コミュニケーションスペースだったと思い返す。
懐かしいなあ・・・。
学校の友達や近所の子と銭湯でも遊んだり、喋ったり、年上のお姉さんやおばちゃんと友達にもなれる。

今もスーパー銭湯でもそのような光景が繰り広げられているとは思うが、
スーパーがついちゃってローカルでない部分もあり、コミュニケーションまでは取らないのかもしれないね。
ただし、おばちゃんは喋りかけてくるね。
私は銭湯に通っていたおかげで、おばちゃんに喋りかけてもらった方が面白いし好きである。
少なくなったけどね。
でも、大阪銭湯物語にもっとも近しい光景を見たことがある。
どこでかっつーと、韓国の銭湯で、である。
なんと似ていることであろうか、おばちゃんもよく似ている、光景もよく似ているので感動してしまったぐらいだ。

お風呂屋さんていいもんやね~。
[PR]
by mandalabooks | 2011-10-20 17:27 | 日本文化

美しき武士と騎士の寝室

a0057609_15272288.jpg美しき武士と騎士の寝室
桐生 操 著

キオスクで何気なく買ったこの本。
てっきり、武士道精神的な内容なのかと思ったら大間違いだった。
帯とか裏表紙の解説とかってキオスクでじっくり見ないでしょうが。
でも見てたら、ためらって買わなかったかも。
なので、見ずにさくっと買って正解だったね。
精神論と思いきや、エロス文化比較論だったので、びっくり仰天したという訳。

人間って欲深い生き物ですなあ・・・。
エロスは突き詰めていったらグロくなるのかね(特に西洋の王室関係のくだり)?

江戸の遊女、西洋の娼婦
日本の衆道、西洋のホモセクシュアル
大奥と寵姫

と、三本立てでお送りされてまつ。

大奥とか江戸の遊女については、けっこうどんなだったのかな~って気にならない?
しきたりとかいろいろ知れて、面白かったなー。

同性愛については、今よりも武士の時代の方が受け入れられていたのね。
今の方が息苦しいのかも。

大奥のくだりは、ドラマ「大奥」で見たエピソードが盛りだくさん。

愛の無い政略結婚が多く、その分の埋め合わせを外で行わないといけなかった時代。
愛が無いのがオフィシャルだった場合、性的におかしな方向へと進むのやな、と読んで感心。

やっぱ愛と精神性が伴わないとねー、という読み終わりの感想。
[PR]
by mandalabooks | 2011-10-20 15:48 | その他

白湯毒だし健康法

a0057609_16262739.jpg白湯毒出し健康法
蓮村 誠

『毒を出す生活、ためる生活』でおなじみの蓮村氏の著書。
随分前に読んだのであるが、レビュー書いてなかったなと思い出して。
本の断捨離前に、と。

私はこの方の著書のイラストがかなりツボなのであるが、今回もまたツボ。
それは本文には関係ないのであるが、どうもこの絵が気になって読んでみたくなる。
誘ってくれるね~。

またまたアーユルヴェーダ観点からのご本でありまする。

いきなりね、もうオチから入るので、後は白湯をどのように作るかとか、どのように飲むかとか、
白湯を飲んだらどういい事が待っているのだとか、体質別の飲み方だとか。
プラス、白湯飲んだ方々の体験談とQ&A、アーユルヴェーダの体質チェックとなっている。

もう白湯を飲むといいことだらけよ!みたいな感じで
「他人がうらやましくなるなる」「飲み続けるとモテる、若返る」「人生が変わる」などと断言していて面白い。
言っちゃって大丈夫かいな?
いいの、それは著者様はお医者様だから。
凡人が同じ事を本やらで言っちゃうと薬事に触れちゃうのであきませんのよ。

もとい、私ももうず~っと何年も朝は白湯と決めている。
途中でお茶やら何やら飲むけれど、ワリと日中も白湯を飲んでいる。
習慣になってしまっているので、その効果ももうわけわからんのであるが、
インドのヨガの文献に「白湯はヨギにとって最高で一番贅沢な飲み物である」とどこやらに書いていた。
(もう何だったかも忘れたけど)
白湯のデトックス効果&謙虚に生きられるっていうダブルの意味でも素晴らしいのだよ、という話。
それからは白湯なんである。
ヨギとしての生き方を忘れないためにも毎朝の白湯は続けている次第である。

冬の朝、何も胃に入っていない時に飲む白湯ったら本当に贅沢ね。
ゆっくりと内側に染み渡る温かい感じがたまらない。

白湯初心者の皆様におススメの一冊です。
[PR]
by mandalabooks | 2011-10-19 16:24 | 代替医療