「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


赤いクリップで家を手に入れた男 ネット版わらしべ長者ものがたり
カイルマクドナルド著

赤いクリップから物々交換が始まって、家にまで到達したという人の話。
1年ぐらい前に読んだけどふと思い出して。

著者はクリップをペンに交換し、ドアノブになって、発電機になって、旅行の権利になって、レコード契約になって、ロックスターと半日いる権利、映画の役の権利、、、と最後に家が回ってくる。

最初はネットの小さな掲示板みたいなところからだんだんと有名になっていって、テレビとかにも出だして、人の目に触れ過ぎてしんどくなったんだろうな〜・・・と思うクダリがあった。
でもそれを乗り越えて、自分で宣言した家を交換するということをやり遂げる。

家を手に入れるには借金して云々と考えるが、実はお金だけではないのかも。
お金は交換の手段。でも、お金ではなくても物質と物質でも交換が成り立つ。
今の時代、お金の方が当たり前になっているけれど、物々交換は今も昔も人々の生活に溶け込んでいる。今は物々交換の方が目新しく感じてしまうかもしれないけれど。

彼は始め、展示会スタッフのバイトしかしてなくて、非常に金に困っている風だ。
無いというのは、実はクリエイティブに変換出来る。
彼は正に無から有を生み出した。

お金ではない何か、、を考えさせられると同時に楽しい気持ちにさせてくれる本。
[PR]
by mandalabooks | 2014-04-17 00:35 | その他

ファラオの秘薬


ファラオの秘薬 古代エジプト植物誌

なんとなーくで借りたら、いやいや、めちゃオモロい。
エジプトで使われていたハーブの紹介だけど、めちゃ詳しくて写真は無いがイラスト入りの図鑑みたいな感じ。
昔の人は賢いんやな〜と。

ハーブだけでなく、鉱物についても少し紹介されていた。
薬石的な感じで。

この本に紹介されているハーブの知識が古代エジプトにはあったのかと思うと脱帽!

「遙かむかしの美花・化粧品・アクセサリー・ハーブ・スパイス・香料・クスリ。エジプトの遺跡を花で読み解く。エジプト学、植物学はもちろん、植物の文化史、利用史に興味のある人にもすすめたい一冊。」とは商品解説より。

たいがい薬効が「便秘にいい」とかで、エジプトは飽食だったのでは?と推測した。
ほどほどに食べてれば便秘しないもんね。
あと、ハゲ薬とかも書かれてたっけな。

エジプトの植物といえば、パピルスが有名だけど、他にもミルラをふんだんに使ってたり。
植物が豊富にあった開けた文明だったんだなあと思うと、過去にタイムトリップしたくなった。

ずっと気になっていたエジプトのスピリな薫香「キフィ」のレシピも掲載されていて、大満足。
でも、作る前に期限が来て図書館に本を返してしまったのだけれど。
キフィは神殿で焚く聖なる香り。クレオパトラも愛した香りなんだとか。
当時の練り香水みたいなもんかな。
ワイン、レーズン、蜂蜜、ミルラやその他ハーブやレジンをすり鉢ですって作る。
う〜ん、楽しそう。

キフィの件もあり、この本を買おうと思ったら、どうやら絶版になっているらしい。
また図書館行かないと・・・。
[PR]
by mandalabooks | 2014-04-13 22:03 | 代替医療

宝石伝説


宝石伝説 北出幸男著

昔からよく図書館で見かけていたこの本をついに読むときがやってきた模様。
誕生石にまつわるエピソードから、ダイアモンド、サファイア、ルビー、水晶、翡翠にまつわる伝説をまとめてある。

出版がニューカルトブックス。ニューカルトて!笑
1989年に出版されているから随分古い。

ダイヤモンドをめぐる陰謀や策略の話は前々から聞いてはおったが、耳で聞くよりも文字を追って目で見て読むと重みが違う感じがする。
なんでも宣伝力だな、と。

翡翠と日本のつながりも面白い。
日本は奈良時代の前までは縄文からずっと宝石を愛でていたらしいのだが、奈良時代ぐらいからパタッと石を使わなくなった。著者の説では、翡翠パワーが強過ぎて、封印されたのだとか。
緑の信仰と呪術的な意味合いがあったらしい。
翡翠にまつわる話は月刊ムーに掲載されたものらしく、そこもまた読みたい気持ちをそそるよね。

石の販売とかしてる人にはお客様にお話するネタとして一読しておくのがオススメ、という一冊。
[PR]
by mandalabooks | 2014-04-13 21:13 | 石関係