「ほっ」と。キャンペーン

本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks
舞い降りた天皇 初代天皇「X」は、どこから来たのか
加治 将一 著





久々にめちゃオモロい!と興奮した本であった。
著者は「龍馬の黒幕」「幕末維新の暗号」を書いた加治 将一。
昔、及川ミッチーが長崎に龍馬の黒幕を探るという番組で著書がちらっと出てくるのを見た事があった。(ちなみにグラバー役がパックン)
それで気になっていたこの著者の本。
実は読んでた「石の扉 フリーメーソンで読み解く世界」の著者でもあったんやね。
「幕末維新の暗号(フルベッキ写真についての考察)」とこちらとどちらにしようかさんざん迷ったが、まずはこちらを上下で買ってみた。
正直上下は長いな、と買うのをためらったりもしたのであるが、いざ読んでみれば展開も早く、どんどん読みハマるためいっぺんに揃えていて正解だった。

さて本の話。
小説仕立ての歴史書みたいな感じ、登場人物は歴史小説作家とその作家のアシスタント(?)が中心である。
「魏志倭人伝」をヒントに天皇Xの存在を浮き彫りにしていくのであるが、その天皇がどっから来たのかを推理していくという内容。
いやあ、発想が、切り口が全く新しい。
だからといって、そらおかしいやろ!という訳ではない。
うすうす感じてた事を「やっぱり!」と代弁してくれるような、もしくは「うまいこと言うた!」みたいな感じだろうか。

著者は邪馬台国九州説で進む。
それをもとに取材の旅をしながら小説を書き進めていくのである。

卑弥呼の治めるシャーマニックな国を彼女亡き後、国を取り仕切り権力を握った天皇X、そのXこそが初代天皇だとし、祭司のような人物だったそうな。そのXはどこからきたのか、何をしていたのか。

魏志倭人伝で出て来る邪馬台国への道程の距離感で九州説、畿内説が未だ割れている最中であるが、著者の推理を読めば、なぜその距離で書かれたかが解かれている。
なるほど〜という感じ。
「卑弥呼は九州にも近畿にもどちらにもいた」と、アメリカの透視家マクモニーグルが言うてた場面をなんだかの番組で昔々見た事があって、それをふっと思い出したけども。

古事記、日本書紀とも照らし合わせながら、なぜこれらが書かれなくてはならなかったのか、陰謀と捏造の繰り返しの歴史を知らされるのである。
著者曰く、始まりは天武(天皇)からで、なぜか自分は40代目の天皇だと言い出したからには自分の代より以前のものを説明しないといけなくなり、急遽作らせた家系図のような日本の歴史書、それが日本書紀と古事記で国内用と国外用にと内容を分けて書いているのだという。

個人的にも天智と天武の派閥当たり、近江京から飛鳥へと遷都した辺りの、唐、新羅、百済も入り乱れての時代が面白いと思っている。
倭人というは様々な人種のミックスでありハイブリッドだそうだ。そこから発展して新倭人なんてのも出て来るのであるが。新加勢大周、ておったよね、、。

アマテラスとスサノオは新羅から来て出雲を征服した。ではなぜ出雲は「山陰」とされ、歴史から封殺されたのか、三種の神器とは何か、朝廷を牛耳った渡来人の秦氏族、などなど興味深い内容が盛りだくさんすぎて書ききれない!

倭人とは何か、縄文人とは何か、国をどう作ったのか、なぜそうしないといけなかったか、心理的な部分からのアプローチも含めて説明している。

稲作、武力、文字(漢字)、祈祷などをふんだんに使って統治していく新倭人勢力。その新倭人には二大勢力があり、それが対馬と壱岐であり、その後の奈良と京都であり、出雲と伊勢であると著者は説く。新倭人は主に北九州と韓国南部の海人(あま)勢力や渡来、土着のミックスとのこと。
「人は流れる」「人は動く」これは今も昔も変わらない。
万物はとどまることを知らないからだ。全てのものは動き、日々移り変わっているのだから、昔の時代であってもそれは同じだろう。

ルーツ探りはタブーとされている。
そんな題材、話題にしていいのだろうか?直球を投げていいのだろうか?
ハッキリと聞いていいのか駄目なのか、いや触らないでおこうみたいな。

だからなのか、何なのか、タブーに手を出した主人公は本の中でも常に追われていたり脅迫されたりしているのであるが、何だか本当にこの著者が実際のリアルな世界でそうされてたんではなかろうかと。それを知らしめるべく書いてるのではないだろうかなどこっちがもう推測してしまっている、そんな推理小説、、、。

つかみ所の無い国日本のつかみ所の無い所以がそこにある。
こういう風にしておこう、そういう事にしておこう的なはっきりとしない日和見主義なシステムのベースを作り出した人は本当はかなりのキレ者ではなかろうか。

最後は映画「地獄の黙示録」を参照しながら、国が成り立っていった様子が描かれる。
縄文人(原住民族)は新しく来た「神」的な文明人によって開拓されていく。
映画「ジェロニモ」の中でアパッチ族がジェロニモを筆頭にアメリカ騎馬兵と戦う場面や、「セデックバレ」で台湾原住民が日本人に対して蜂起した霧社事件を彷彿とさせる。
歴史は繰り返すというが、まさに歴史というのは悲しいかな、常に新しくやってきた者に乗っ取られ戦争をしたりしながら今に続いている。おかげさまで日本は戦後60余年も戦争は無く暮らせているけれど。
歴史というのは人間の欲が上塗りされたものなのかもしれない。

本当の本当、実際の歴史が果たしてどうだったかなんて誰にもわからない。
歴史観も人それぞれだ。
これが事実であるなんてどこにも書かれていないし、そうである必要もない。
フィクションなのかノンフィクションなのか、どれが正解でどれが不正解なのか、それもわからない。
これは、つかみ所の無い国さながら、つかみ所の無い霞のようなものなのだ。
まるでオチさえもふんわりと霧に包まれたような仕上がりになっている。
「ってことは、Xはこれでいいってことなのか??」とわかったようなつもりにはなってはいるが、、、。もう一回再読してみたいと思う。

だけど、これを読んで過去の時代に思いを馳せ、ワクワクするのは大変面白い。

ただし、右っぽい人には全然面白くないはずなので、全然オススメできません。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-07-08 21:27 | 日本文化

ユダヤ人大富豪の教えIII  本田健著

パート3出てたんや?
と、1も2も読んでいたため即買い。
今回は、お金というよりも人間関係がテーマ。

主人公ケンがアメリカで人間関係についてのセミナーを受けて自分が変わるっていう内容。
私も実は受けたことがある。
ちょうど12年前の大殺界中。
(大殺界中は自分の内側を見つめる時期だとも言われている)
そこで感じたのは、自分の親子関係で感じてきたことを赦すことであった。
今生きていて色んな問題が起きた時に根本となるのは親子関係だろう。
そこからすべて始まって、自分の反応が決まったりする。
そして親子感、夫婦感、友達、同僚、その他人間関係を築いた時に取る自分の反応のキッカケ、足がかりとなる。

現在、また大殺界時期が巡ってきたところで12年前のセミナーを思い出しながら読み進めていく。そのセミナーで全部殻が取れたわけではないが、随分と皮がむけたように思う。
と思っていたのに、現在、母と同居をし始め、セミナーを受けた事をぶっ飛ばすかのように険悪になる親子関係・・・。
そしてこの本にたまたま出会って、ハッとする。
あまりにもオンタイム過ぎるではないか。

またセミナーに行かないと行けないのか?と思ったが、この本読んだらセミナー行ったような感じになって、少し心が洗われた。
読んでいる間にも母とは、バトルあり、涙あり、変化ありで大波続きであった。
そして本の終盤に差し掛かるに当たり、大波が小波になってきた。
やはり、自分の変化は周りにも変化を与えるものなのだと実感したのであった。

人の反応には4種類あって、互いに陰陽関係というかいじめっこいじめられっこ的な相合関係で引き合っている。依存と自立の関係だ。依存にも自立にもポジティブ、ネガティブがあるのでポジティブ依存、ネガティブ依存、ポジティブ自立、ネガティブ自立の合計4種類あるとこの本で言われている。
しかし、1種類の型にハマるのではなく人によって自分の反応は色々に変わる。
最終的にはそれらのセンター(中)で生きることがラクなのだそうだ。
まあいうなれば中庸を生きるってことでしょうな。

心の洗濯をし、生きていく選択をより良くするための一冊。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-05-19 15:04 | スピ系

未来は、えらべる!


未来は、えらべる!
バシャール&本田健著

バシャールの対談、本田健編。
興味深い二人が対談?とかなり注目していたのであるが買うに至らなかった。
きっとタイミングが合えば巡ってくるだろうと思って。
ということで、タイミングはだいぶ前に巡ってきつつも、放置、そしてやっと読了。
これもタイミングなのか?

すうっと楽に読めて良い。
うちの旦那さん曰く、「バシャールの人(ダリルさん)を映像で見てしまったので読む気が失せてしまった。」とのこと(笑)で、旦那さんは読まず。
なので、私が読んで内容をお伝えする方向に。

前から気になってたパラレルワールド、この本を読んで腑に落ちた。
頭でわかっていても説明がしにくい。
それをダリルのオッサン(というかバシャール)は見事にわかりやすく言葉で説明してくれた。
それは列車のようなものだと。
2012~2015年あたりに意識の分化が早まっていくそうで、「自分の乗りたい列車に乗っておいて下さい。」とのこと。
自分の選択する現実が自分の住む世界を作る。
自分の住むその場所と、他人(周波数の違う)の住む場所は違い、違う現実を生きている。
自分の乗る電車は、他人の(周波数の違う)の乗る電車とは違う。
私はこの電車、他の人ももちろん乗り合わせてはいるが、違う路線がたくさんあり、違う目的地へと向かっていて、それぞれに合った乗客が乗り合わせている。

「急行(EXPRESS)に乗りたければ、本当の自分を表現(express)する方法を学ぶことです。」

知らない人のブログであるが、ここに全文載っているのでリンクしておこう。
http://sojin.info/para2.html

お金についてもわかりやすい。
さすが、「大富豪の教え」を書いた本田健、聞くトピックはやはりソコでないと!
お金から解放されるには自分のやりたいことを選択していく事だ。
お金を育てるには循環させる。上手に流して育てる。停滞なく。

健氏のトラウマについても語られていて、少し共感する部分もあったり。

全ての根は怖れ。ここを手放すと流れる水のように濁らずに柔軟に生きていけそうな気がする。

何回も読み返したくなる一冊。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-04-04 23:37 | スピ系


これを食べれば医者はいらない
若杉友子 (著)

若杉本第二弾。
「長生きしたけりゃ肉を食べるな」と内容だいぶカブってます。

・米は土鍋で炊け
・減塩はするな
・肉、牛乳、卵を取るな
・白砂糖を取るな
・味噌汁は飲む点滴


と、こんな感じの事をずっと連呼しているわけです。
前の本でも、この本でも。
これだけ守ってたら健康でっせ。
でもこのシンプルなことが難しいのだ。

自分の中での難しい部分は砂糖。
というか、甘い物である。
しかし、不思議ではあるが、土鍋炊き飯(三部づきにしてる)、味噌汁、野菜をベースに食事をしていたら、だんだんと甘い物への渇望がなくなってきた。
ただ、一回甘いものを食べると、翌日から甘い物欲求が復活していくので戻すのが大変。
でもこれを読んでいるので、甘いものも白砂糖系はなるべく取らないようにしているので、楽ではある。

白砂糖(さとうきび由来ではあるが、ほぼケミカル)は、体を冷やす陰性の食べ物。
これを食べ続けていると体が冷えっぱなしになるというのには目からウロコ。
塩と味噌などは陽性なので、体は冷えない。
寒い時ほど甘いものが欲しい。暖かい場合そこまで欲しくはない。
ということは、やはり冷えとスイーツの関係は深いのだろう。

食に関してとても勉強になる一冊!
[PR]
# by mandalabooks | 2013-04-03 22:56 | 食&食療法

幸運を呼びこむガラクタ追放術
ジーニー著

ジーニーさんのブログは昔よく見てて、特に「新月のお願い」についてが好きだった。
柔らかで丁寧な口調での文体から優しい人柄がすごく伝わってくるので、ついつい見てしまう。
自分で「ゲイのヒーラー」と枕言葉のように使っているところも親近感が沸いていた。
(今は別に使ってないみたい)
そんなジーニーさんの本を発見。
ペラペラめくると可愛いナマケモノの漫画付き。
ガラクタ追放キャンペーンを推奨していて、「1日にひとつ不用品を手放す」ことをおすすめされている。
追放するとその空間には素敵なことがやってくるというもの。
それはホンマにホンマやな~と私も実際体験しているし、よく韓国時代劇でも「ひとつを得るにはひとつを手放さなければならない」なんて聞こえてくる。
モノだけに限らず、エネルギーを吸い取られる、疲れる人を手放す、仕事から卒業してみるなんてのも。
すでに今までに通ってきてやってきたレッスンではあるものの、
また改めてこういうのを読んでみると、すごく新鮮で初心を思い出す。

ジーニーさんも家族との確執があったようで、海外に家出し、家族から距離を置いて初めてよい関係を築けたなどなど書かれていて、なんか共感する部分があったり。

読み終わり、また断捨離月間に入ろうかと思った次第である。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-04-03 22:36 | スピ系


長生きしたけりゃ肉は食べるな
若杉友子著

この本の中にも登場する箕面の「らぽーむ」さんというレストランにて購入。

京都の綾部でマクロビ、自給自足の生活をしている若杉さんの著書。
昔からの日本の質素な食事である「一汁一菜」を唱えてはる。
私はおばあちゃんっ子なのであるが、そういえば昔の晩御飯といえば
ごはん、味噌汁に何か一品のみであった。
それで普通だと思っていたが、周りは違ったようである。
洋食だのなんだのかんだのを食べているようで、これを言うときっと生活が貧しかったのだろうと気を使われてみたり。
今振り返ればこの質素飯が健康の源だったと確信できる。
これがあるので、今の食事も全然質素でええわと思える。

甘いものが体を蝕むというクダリにドキッとした。
というのも私はベジではあるけれども、甘いものがやめられずに困っているからである。

パンに入っている乳製品、卵は仕方ないかな、と思って緩和していたのであるが、
この本を見て以来、なるべく食事としてのパン食は辞めていこうと思うに至った。
牛乳も畜産の一種であり、けっこうエグい感じ搾乳されたり、生まれた仔牛(ヴィール肉になる)と引き離されてけっこう可哀想すぎるので、乳製品も辞めた方が良いとは思って、動物愛護的な映像や画像を見ているにも関わらず、チョコレートの誘惑につい乗ってしまうのである・・・。
ホルモン剤や抗生物質が入りまくっているのに。
それのせいで、生理痛などが重くなることを知っているのに。

ナス系野菜、生野菜、果物などは体を冷やすということは知っていたけれど
豆腐や豆乳も体を冷やすとは知らなんだ。
気を付けよう。

これからはしっかりご飯(米)を食べたいと思う。

アマゾンのレビュー、すっごい批判でビックリ。
それだけ肉食が辞めにくいってことなのだろうね・・・。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-03-03 22:13 | 食&食療法

ブンブン堂のグレちゃん


ブンブン堂のグレちゃん
グレゴリ青山著

グレゴリ青山氏が大阪の古本屋でバイトしていた時のお話。
絵ヅラに関西弁がピッタリ!
これて、あそこの本屋街ちゃう?という推測のもと読み進めていく。
グレさん、18~19歳のバイトが古本屋てめちゃシブすぎ!

梅田の古書街となんばの古本屋は割と好きで学生時代行きまくっていた。
最近めっきり行かなくなったけれど、古本屋は宝の山みたいで面白い。

お客さんとして行く分にはわからない古本屋の世界が堪能できる。
古本業界はまるであなたの知らない世界であり、トワイライトゾーンのようである。
楽しげ。

グレさんの描く登場人物のキャラが濃ゆくてかなり面白い。
大阪ならではの息使いが聞こえてくる一冊。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-02-28 21:01 | その他

お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣
金子 由紀子著

買わない習慣、と題に出ているにも関わらず買ってしまった・・・。
出だしから私の中で間違ってる感満載なのである。

私は割と最近は倹約家でポンポコ物をあまり買わなくなってきた。
というか、持たない暮らしを心がけている。
それはインドでの3ヶ月ちょっとの何も無くツライ生活のおかげである。
人間、物が無くても電気がなくてもバスタブ(&自動的に出る湯)がなくても何とか生きていけると知ったからだ。
車、テレビ、電子レンジなどを処分しても普通に生きていけるわけで。
モノには頼らなくなったはいいが、日々何かは買っている。たまに買わない日もあるが。

現在、実家住まいなので、母と買い物によく出かけるのであるが、そこで目の当たりにする人の買い物の仕方(ていうてもオカンしかおらんけど)に引いてしまうことが多々あり、自分もそうだったのかもしれないと反省しながら「あまり買わない、使わない」を実践しながら日々過ごしていた矢先に出会ったのがこの本だった。
母と出かけるとつい要らないものを買ってしまうので、今は必要以外、買い物には出かけないことにしている。
冷蔵庫の中にあるもの、ストックなどをいかにうまく使うか。
なんとかやっていけるもんだ。

この本は目からウロコというか、やっぱり使わないに越したことないな、と。
でも、使うのは好きなので、しょうもないもんや要らんもんには使わずに要るもんに使いたい。
ケチりだすとちまちまするので頭痛くなるし、我慢しなくてはならない。だったらもうハナから買わない。
それですよ、それ。
ケチケチしなくていいもの。

この本でも言っているが「安物買いの銭失い」はやめようということである。

『買わない1週間チャレンジレポート』と題し、本中で数名の方が1週間ゼロ円生活をやっているのだが人の諸費行動(買ってないけど)を見ながら自分自身を客観視できる。
そして買わない1週間、周りの人々に助けられていることを知っていく。
それを見て人は一人で生きているのではないのだなと諭されたような気持ちになる。

金持ちがなんでセコイのか、この本を読むとよくわかる。

さらなる自分のストッパーとしてこの本を倹約の聖書として崇めたいと思う。(笑)
[PR]
# by mandalabooks | 2013-02-21 22:59 | LOHAS

捨てちゃえ、捨てちゃえ


捨てちゃえ、捨てちゃえ
ひろさちや著

題名で掴みはOKである。
捨てちゃえ、捨てちゃえとはいかに・・・。
ものすごくいい題名だ。

身近な「捨てる」である、「こだわり」から徐々にレベルアップしていき「世間体」「欲」ときて最後は「自己」を捨てるという仏教的な構成となっている。(と勝手に私が思ったのであるが)

一番印象的だった言葉は「少欲知足」だ。
ヨガと瞑想を始めてからというもの、このように生きようと心がけるようになった。
死ぬまで欲はついてまわるが、欲を少なくして足るを知ることで、すっと手放すことが容易になった。
インドに出向いて電化製品、電気のほとんど無い生活を数ヶ月送ったおかげで、わざわざ便利な場所にいながらにして「欲を少なく」とか「足るを知る」と頭でわかって減らしていくのではなく、いきなり何も無いというマイナスの中、欲を持ってもしょうがないような、これでもうええわと足らないところから工夫して有を知った(体験した)ため、逆に「少欲知足」で生きることの楽さと快適さを味わう事が出来た。
当時はツライだけだったが、今自分があるのは当時のおかげである。
なので、あれ欲しいだのこれ欲しいだのがなくなり、無かったらないで方向転換するしかないと思えるようになった。
私みたいなもんがちょろっとであるがこの「少欲知足」を微々たるものながら実践できるのだから、きっと誰でも出来るのだろう。本当は簡単な事でっせ、とブッダは教えてくれている。

次に、反省してしまう文章を発見した。
「一人の犠牲」についてである。
「わたしだけがちょっと我慢すればみんなが幸せになれる」といった考えでは誰も幸せになんてなり得ないということが書かれてあった。
ついこれはやってしまうのである。特に家の中で・・・。
著者的には「家族の誰かが不幸であって残りの人たちが幸せになれる訳がない」と。
ほんまにそうである。
「家族は日ごろから自分の希望を家族に伝え、それぞれの希望を聞くようにしていなければならない。みんなの意見に自分を合わせようとしていると、結局は家族全体が幸福にならない、とわたしはそう考える。」とある。
ほんとそう!ほんとそうである!

自分から「何か」を手放す、捨てるととっても楽に生きれるということを教えてくれる一冊である。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-02-06 00:14 | 仏教、他宗教


「いのち」と「こころ」の教科書
手塚治虫著 谷川彰英監修

手塚漫画の中からアソートして「いのち」や「こころ」について描かれているものをピックアップして数作掲載している。
掲載作品は
シルバー・タワー(「鉄腕アトム」より)/聖なる広場の物語/最後はきみだ!/ハローCQ(「ブラック・ジャック」より)/小うるさい自殺者(「ブラック・ジャック」より)/7日の恐怖/紙の砦/瞑想の園(「ブッダ」より)
の8作品。

ひとつ終わるごとに監修の方がコメントを寄せている。
聖なる広場と瞑想の園で仏教的な思想を鳥を通じて知る。
最後はきみだ!と紙の砦で戦争の馬鹿らしさを説く。
7日の恐怖では、創造主が消し忘れた世界に残ってしまった少年の7日間を体験する。
(ちょっとマトリックスっぽかった。)

ひとつひとつ何気ないのにすごく深い・・・。

手塚といえば、うちのおじいだ。
手塚に漫画を見せに行き、「絵は上手いが愛が無い」と言われたおじいである。
愛がある漫画って何だろう?とおじいの話を聞いてて思ったのであるが、
手塚漫画を読んでその意味がよーくわかった。
人類に対する警告は愛ゆえである。

手塚漫画はひとつひとつにメッセージがあり、じわ~っと読み手に伝わってくる。

実は子供の頃は漫画の本やアニメにはほとんど興味がなかった。
大人になってから漫画を文学代わりとして読み始めた私は、手塚のいう「愛」の意味をじっくりと噛み締めなが読んでいる次第である。
[PR]
# by mandalabooks | 2013-02-05 23:49 | 漫画