本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

転生



転生
田口 ランディ (著), 篁 カノン (イラスト)

久々のランディ本だなと図書館で発見した。
ペラペラめくると絵がけっこうリアルなというか、コワイ人物の出てこない楳図かずお的な不気味さ(ただ、めっちゃ細かくて上手いのだが)。
それが文章とマッチしているな~と感心してしまう。
絵が先か、文が先か、考え出すとニワトリ卵論争みたいになるので考えないことにする。

読んでる途中に「火の鳥?(手塚治虫)」、読み終わっても「やっぱ火の鳥?」みたいな。
そんな手塚的な命がぐるんぐるん巡るという転生。
人、それも中絶された生から始まり、鳥になり、殺されてしまう犬になり、いろんなものに生まれ変わっていくんだけど、けっこうグロい描写で読んでたらお腹が痛くなる感じ。でも、実際そういうグロい事ってどこかで起こっている事実だということを知らしめるために書いているのかもしれない。
生まれ変わる時にいつも感じるのは磁力、磁力に吸い寄せられ、磁力を感じ、爆発し分裂し形になってきて、生まれてくる。
その磁力とは何だろう?って考えて、最後の最後でわかるんであるが、光ていうのは闇の中だからさらに光って見えるように、グロさの対比として最後にいい感じで終わってると思うけど、もう光を感じる余裕がないというか、何やろう?不条理??

読み終わりにスッキリしないのであるが、これはきっと作者の狙い通りなのかもしれない。
生死というのはきっと不条理で意味がないものなのかもしれないな。
最後のオチでえらく感動する人もいるみたいなので、不条理感覚はあくまでも個人的な意見としてさらっと捉えて頂きたい。

高校の頃の担任が仏大出のかなり仏教的な思想の人で「怒らない」人だった。
たまに輪廻的な事を諭すために生徒に「次生まれ変わったら犬かもしれません、鳥かもしれません、人間だとは限らないですよ。」なぞと言っていたのを思い出した。
ニューエイジ思想的には人間は常に人間にしか生まれ変わらなくて、動物は動物の死後の世界があって、犬はだいたいまた犬になるんだと聞いたことがある。
実際のところはどうかは死んでみないことにはわからないので、なんともいえないが、個人的には後者の方がしっくり来ている。

さてこの本、5分ぐらいでさらりと読める。
約50億年の地球から考えれば人の命の灯火も一瞬、宇宙からしたらたかだか5分ぐらいのものなのかもしれない。とさえ思えてきた。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-09-19 21:39 | その他

スピリチュアルかあさん

a0057609_21585680.jpgスピリチュアルかあさん
大野舞 著

本屋でペラペラと見て気にはなっていたがその存在をすっかりと忘れていたある日、
「スピリチュアル母さん、読んだ?」とオファーが。
まだ読んでいなかった私は、この本と「大阪絵ことば辞典」とをトレードさせてもらうことに。

この絵どっかで見たことあるな~と思ったら、「日本の神様カード」の方。
そして、この著者さん、日本のスピ界をしょって立つ大野百合子さんの娘さんであった。
ということは、「かあさん」はその大野百合子さんということである。

スピな母の不思議な日常が面白く綴られていて、スピかあさんに振り回されつつも優しく見守っているとこがよい。見てるだけでなんかあたたかい気持ちにもなってくる。
まあ、親言うもんは子供を振り回すもんですな、どこも・・・。

幽体離脱して月に行ってみたり、ゲリーボーネルに会ってみたり・・・。
ふと鳩山夫人を思い出してしまった。あの人は金星だったか。
禊いでみたり、断食してみたり、なかなか普通のお母さんではしないことだらけ。
でも、子供の時からそうやから、それが普通やねんやろうな、きっと。

うちはじいちゃんが、アメリカかぶれであったため(進駐軍の通訳だったらしい)、じいちゃんの朝ごはんはトースト、ハムエッグ、コーヒー、夜はライス(お茶碗ではなくお皿にナイフ&フォーク)、ステーキ、フレンチフライ、デザートはバニラアイスという一風変わったメニューであった。私はというと、朝は無し。あれば小おにぎり。夕方はご飯(私はお茶碗で)、味噌汁、豆腐などの一品に麦茶という粗食であった。
でも、これが私にすれば普通なことであり、変だとは思ったことがなかった。
しかも家は洋館などでお手伝いさんなどがおる豊かなお宅などではなく、同じ大阪人でも来たがらないというガラの宜しくない地域のしかも長屋の小さく狭い家で行われていたのだから、笑けるのである。
大人になりよその家の事情を聞いたり、また話したりしてるうちに自分の家のそれがネタのような出来事だったと判明したまでのことである。

スピな家庭事情に関しては、うちの曾祖母(会ったことはない)がイタコのような拝み屋といわれる今で言う霊能師的な事を仕事にしていたので、ジャンルは違えどなんとなくわかる。
祖母、叔母に関してもなんかそういう気があり、私は自分自身ではあまりよくわかっていないのであるが、どうやら曾祖母的には誰に言っても伝わらないらしく、私の夢やら何やらに出てきてお告げをしていったりする。それは私自身ではないのでコントロールがなかなか難しく伝えるのもなんや難しいのであるが、何かがある時にはわかるようになっているという、まるで有事の際には発動するシステムが組み込まれているようでもある。なので無事の時には何もわからんという役立たずさ。
母は商売人で現実派であり霊的気質は皆無であるが、カンが物凄く冴えていてコワイ時すらある。

スピリチュアルかあさん、、自分に置き換えたらスピリチュアル娘。実際はベジタリアン娘に商売人かあさん、ボウリング叔母さん(プロボウラーです)、アメリカかぶれじいさん、東北訛りの大阪弁を喋る猫ばあさん・・・。
ああ、もしかしたら、自分の家でかなりいろんなもんが創作出来るんではないのか?と考えて、ネタまみれな自分に笑うしかなくなってきた、・・・そんな夜である。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-09-11 23:56 | スピ系
a0057609_21551961.jpg
[2012年に再び戻ってくる]天使的宇宙人とのコンタクト
ハワード&コニー・メンジャー 著, 益子祐司 訳

あれ、この訳の人は、オムネク・オネク(金星から来た)の本の人では?
と思って手にとりペラペラみてて面白そうだな、と。

ハワードメンジャーという人が第二次大戦中ぐらいの時代から宇宙人とコンタクトを取っててそれを書いている。
そんな昔やのに、今の時代でも古くないのは宇宙人が未来的思想だからでしょうか・・・。
たま出版の社長が「アダムスキー型」とかよくTVで言うてるのやけれども、まさにこの本にはそのアダムスキー型満載。思わず何度か本を閉じ、この本がたま出版ではないだろうか?と確認した程である。

戦時中に沖縄に兵隊として飛ばされるハワード氏、そこで九死に一生を得る体験をするのだと宇宙人によげんされてたらしく、案の定沖縄で日本兵3人に囲まれやられそうになったので、ヤっちゃったらしいが、それについても宇宙人が倒すことに協力してくれてたとか云々な書き方で、それについては宇宙人的にいいの?とツッコミたくなるのであるが・・・。
ま、その後、月に招待された時に地球人4名のうちひとりが日本人だったらしく、私達は兄弟姉妹のように愛を分かち合うとか書いてあったので、そこでカルマ的には解消されたのだろうか?

月行ったら普通に呼吸できたとか、火星、金星から来た(出身とは言ってない)とか、なんか面白い。
ちょうど、映画「プロメテウス」を見た後だからか、親近感が湧いてくるというか・・・。
やっぱ宇宙人の方はベジタリアンらしい。
「まず牛肉、豚肉、子羊などの赤みの肉を口にしないようにして、代わりに鶏肉や魚を選ぶようにし、次に鶏肉を食べないようにして、最後は魚もやめるというやり方だ。」
とハワード氏は宇宙人からのアドバイスを書いている。
「じきにあなた方も私たちの惑星の人々と同じように野菜はとてもたんぱく質価が高く、肉は食べる必要性がまったくないことを発見するでしょう。」とすでに1950年代に言うとるのだ。
早いねー。

月のドーム型建物やら、宇宙船から出てきた方や、飛んでる宇宙船の古めかしい写真もたくさん掲載されてて、なんか見たことあるな~と思ったら、これもやっぱりたま出版の社長がテレビで引き合いに出すUFOの写真であった。
月で浮いている鉄道に乗って旅をするクダリが、銀河鉄道999っぽくて、なんだか懐かしい。
てつろうとメーテルやな。

途中からのなんかの装置(反重力?)の項目は特に興味なく、ちゃんと読んでないけど。

おまけでオムネクさんのインタビューもついている。

宇宙人の方の仕事にも周期があるらしく、次回来られるのは2012年なんだそうな。
いつ来はんねやろう・・・。もうすぐかな。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-08-19 22:31 | スピ系
a0057609_21345286.jpg
宇宙エネルギーがここに隠されていた
ケイミズモリ著

昆虫学者だったからこそわかったらしい触覚エネルギーのひみつ。
オベリスクやピラミッドなどタワー系の古代遺跡とかけまして、昆虫の触覚とときます。
その心は、、、どちらもエネルギーを受信します、みたいな。
ま、アンテナみたいなもんでしょうな。
磁気・・・ですか。
古代遺跡アンテナ論、的な?
そう考えると何だか新しいね!

蜂の巣の空洞構造効果にも書かれていて、図形がエネルギーを発している本にカブるな、と。
エジプトで有名な虫といえば、フンコロガシやけれども、けっこうアシナガバチも実は神聖化されていたのだとか。

で、結局、代替エネルギーって何になるんやろうね・・・。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-08-19 21:52 | その他

謎の古代図形

a0057609_20535288.jpg
謎の古代図形
秋山清著

図形がエナジーを発してる、というのを説明している本。
だから、謎でも何でもないんやけど(笑)。
個人的な意見としては、黄金比、大和比、プラトン立体などについての説明はとてもわかりやすかったが後半に霊能者がとか違う方向へ行ってしまってなんだか???な感じに・・・。
巻末の正多面体の展開図を切り取ってあそびたかったが、何分図書館で借りてきたものであるので、切り取れず・・・。コピーしようかと思ったけれども、そこまではめんどくさい、と。

大和比 1:√2(1:1.414)
黄金比 (1+√5)/2 ≒ 1:1.618

大和比で大和、と言うてもーてるだけあって、日本の中でたくさん使われている。
法隆寺や四天王寺などの古代建築は大和比を使って作成されたのだとか。
用紙のB判も同じ大和比で、徳川幕府の御用紙されてた美濃紙が由来らしい。
美濃紙の半折サイズが習字などの半紙になったのだそうだ。
DNAの螺旋構造や、大脳皮質の中にも潜んでいるらしい。
正4面体、正6面体、正8面体、ひし形12面体が大和比

黄金比の方は、欧米の建築、芸術作品などにたくさん使われている。
ピラミッド、パルテノン神殿、ミロのヴィーナス、ダ・ヴィンチの作品などなど。
挙げていくとキリがないほど。
自然界にある植物や貝にも黄金比を見出すことができる。
黄金比長方形のフィボナッチ数列に見る見事な螺旋!美しくないわけがないやん、と。
正12面体、正20面体、ひし形30面体が黄金比

ケプラーの多面体惑星系というのがあり、水金地火木土の6つの惑星の軌道の中に5つの多面体(プラトン立体の5つ)をあてはめていった。
なかなか陰陽五行説みたいなことを中国を見たこともないケプラーがよく知ってて発表したんやなあと、数字の面白さを想う・・・。

なんだか、以前に読んだことある気がするんやな~と思いながら読んだ一冊、であった。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-08-19 21:31 | その他

シリウスコネクション

a0057609_22425173.jpg
シリウス・コネクション
マリー ホープ 著

図書館でなにげに見つけ借りてみた。
なんとなくても知っててもいいぐらいなのに、全くノーマークであった。
荒俣宏が監訳らしい。アラマタヒロシてあの??
で、興味を持ってペラペラめくると、エジプトまみれ。

エジプトの文明がなぜ急にあんなに凄いのか、それは地球外由来ではないか?
エジプトに至るまでの文明にアトランティスがあり、アトランティスはシリウスのコピーだったらしい。
ということは、エジプトの文明はシリウス由来だ、っていうことらしい。
とこれが言いたかったことの全てなのでしょうが、
それにしては非常に難解で、とても面倒な感じである。
もっと要約できたんじゃないかと思う反面、要約してしもたら言いたいことの全部が伝わらんのじゃないかとか、じゃあこのままでええのか、とひとりぐるぐる思うのである。
あとは、エジプトの神についてとか、詳しく書いてある。
わけわからんけど、ツタンカーメン展に500円のガイド付きで見学しておいてよかったなと思った。
全く意味不明よりは、少し意味がわかる方が安心である。

個人的に印象的だったのは
シリウスにはA,B,C,と連星になっており、その中でもB(ディジタリア)が重要で、
その星にはライオン族なる猫系ヒューマノイドがおるらしいと知った。(火星の要素で個人主義らしい)
エジプトの遺跡などにもその足跡がわかる。
これを読んで、映画のアバターを思い出した。
ちなみに、シリウスAのシンボルアニマルは龍、大蛇、シリウスCはジャッカル、一角獣らしい。

そんなことを思っていたらFACEBOOKにおる知人が偶然にもシリウスBの猫型ヒューマノイドのイラストをUPしていたり、新聞にエジプトの太陽の船の遺跡が発見されたと書かれていたり、ホルスの目についての情報がメールで送られてきたりと、かなりシンクロしている情報をバンバンやってきて、非常に不思議な気持ちになってみたりした・・・。

ついでに私の猫好きもシリウスB由来だと勝手に理由づけている次第である。

そして、宇宙と宇宙の文明、宇宙人が知りたくなってきた今日この頃である。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-07-30 23:10 | スピ系

かんさい絵ことば辞典

a0057609_21533011.jpg
かんさい絵ことば辞典
ニシワキタダシ著

おかんが「これ欲しわー」とずっと言うてて買ったもの。
ゆるーい絵に関西弁てなぜにこない合うの??

パラパラめくりながら、「あれ?これは関西弁やった?標準語じゃないの?」と改めて教えられた言葉が多数。
私的にはいろんなところを転々としているのでべったべたの大阪弁では通じないので、よその地域でも通じる関西弁を心がけてはいるものの、これを読むと自分が割とべたなことに気づいたりした。

関西弁ておもろいね。
読みながら笑ってみたり。
言葉もおもろいねんけど、絵がわらかす!
この相乗効果は何??

「せやわ、この言葉通じひんかったわ。」とか「これは古い人の関西弁やん。」とか
いろいろ突っ込みもってじっくりと読みふけるひととき。

たまに自分がある言葉を標準だと思い込み、
パソコンで変換するも漢字が出てこず、「このパソコンアホちゃうか?」とパソコンのせいにしてみたりしたが
関西弁だったため、変換出来なかったということが何度かあった。
無知とは恐ろしいもので・・・。

奥深い関西弁の世界を是非堪能してみて下さい。

この本のアメブロ版もあったよ。
http://ameblo.jp/kansai-ekotoba/
[PR]
# by mandalabooks | 2012-07-13 22:11 | 日本文化

ドキドキしちゃう

a0057609_20303568.jpg
ドキドキしちゃう 岡本太郎の書

最近、悲しいかな実家の手伝いにより本を読む時間が少なくなってきている・・・。
字詰めの分厚い本だろうとガンガン読みたい派であったのが、読みきれずで文字を追う目が疲れてきているのではないか?と。
そんな時に友達に借りたこの「ドキドキしちゃう」は斬新だった。
岡本太郎が残した「書」、漢字の芸術たち。
帯に「字は絵だろ。」とエラそうに書かれていたのであるが、
ほんまにそうで、「字は絵やわ~」とドキドキするより納得しちゃう~。

この本まるごとがまるで太陽の塔みたいで、この本を読めば逆に太陽の塔が文字っぽくさえ思えてきたり。
この本に出てくる漢字の一文字一文字が話しかけてくるような、キャラっぽい感じで、なんちゅうか人格を持った文字みたいな風。

「女」って字のページを開けば、マティスの切り絵のようなカラフルさでとても肉感的だったり、
「驚」なんて、太郎的な原色使いですっごいびっくりするぐらいの驚き感がドンと伝わってくる。
文字の横には、太郎の文章が綴られており、その思想にアツくさえなる。
ええこと言うわ~!と1ページ1ページ感動してみたり。

動きがにぶくなったドアに油をさしたらすっすっと滑らかに軽やかに動くように
錆びた自分の心の中の何かに油をさされるような感じ。
そしてなおかつ温かい。オイルでマッサージしたみたいな感じかな。

「捨てると個性が出る、自分を守るから本当の意味での全体性が出てこない。
捨てたらいい、捨てない限りは生きないわけだ。」と書いてあって、今の時代の断捨離に繋がる言葉があったり、
「やさしい道より自己にとっての厳しい道を選んで力強く生きれば、壁を破って進める、生きることの楽しさがわいてくる」ってのも強く同意!
いろんなページをまためくる度に、新しい発見がある。

彼の何がいいかというと、秘めたパッションとそのパッションを実際に生きているってことやね。
いっぱいぶつかりながら。しかもそれを恐れてない。

書きながらめっちゃ力みが入ってきたわ・・・。
アツなってきた!
と、このように、私にとって岡本太郎の本は活力である。
[PR]
# by mandalabooks | 2012-07-13 21:00 | art

知られざる古代日本

a0057609_228342.jpg古代文献『ホツマツタエ』が語る知られざる古代日本
鳥居 礼 (著)

ホツマツタエ調べにて借りてきた本。
ほんと知られざる、だ。

いや~、アマテラスがね~男だったとは!
古事記、日本書紀よりも前に日本についての文献があったとは。
著者によれば、米に例えるなら、「ホツマツタエ」が玄米、「日本書紀」が八分搗き、「古事記」が白米といったところなのだそう。
日本書紀、古事記には書かれていない宇宙論、死生観、神事その他の古代の叡智が盛り込まれているそうである。

「和す(やわす)」
この言葉が何度も出てくるが、日本は和す文化だという。
それこそが最高のアイデンティティだとか。
場合によれば腹を切る覚悟もあるのに、曖昧なゆらぎがある。
そのゆらぎ、安らぎ、その中にこそ優れた宇宙観、自然観がバックになっているというのだ。
自然のF分の一のゆらぎ、きっちりとしないナチュラルで不規則なゆらぎ。
それこそが心地よくさせてくれるリラックスの元であるが、日本人の考え方の中にはこのような曖昧なゆらぎがしっかりと入っている。

ヲシデ(ホツマ文字)という漢字前の固有の古代文字があったらしく(確証はまだない)、全編それによって五七調で綴られている。この文字を見て韓国ドラマの「善徳女王」で暗号に使われていた伽耶文字に酷似しているようにも思え、調べては見たものの全く手がかりつかめず。私の思い過ごしだったようだ・・・。
がしかし、古代日本は古代韓国と切っても切れない深い縁で繋がれているように思うのであるが、本文には関係ないので飛ばすとしよう。

「君」という言葉がある。
君主などと言い男性的であるが、ホツマによればキミそれ自体が男性・女性の一対であるのだと説く。いざなキ、いざなミにもあるように男子はキ、女子はミで、一対でないといけないのだそう。
男尊女卑的ではない、男女平等性がそこにあるのだと。男女は仲良くペアでお願いします、と。まるで雛人形なのだが、雛人形(京雛)を見てもそこにはホツマから伝わる女は向かって左、男は向かって右にとずっと配置されているという。(一般の雛人形は逆らしいが)

「八」を大切にしている日本
八角を形成するトホカミエヒタメの神々が生命誕生のとき、全てを結びつける魂の緒を下ろす、とある。
天井の外(トコシナエ)には八隅に八色の神に捧げる布や紙が立ててあるらしい。
八つの神の八つの手から生を受け、与えられた運命の道そのままに生きて楽しむなど、「八」は日本独自の楽天的でおおらかな考え方であるそうだ。

「三つの壷」
近江、富士、多賀(宮城)の三つが宇宙的な母胎である大壷と共鳴しコンタクト可能な土地、らしい。
なにげに近江の湖西地方、高島市、安曇川にある神社から「ホツマツタエ」は発見された。
著者曰く、琵琶湖が日本の子宮にあたる壷であり、新生の国を生み出すところであるから、西欧近代化ムーブメントの次の新時代は琵琶湖の周辺から始めるべきだろう、とのこと。
今現在では絶対ありえへんけどな(笑)・・・。

「古代の食事観はほぼベジ」
古代では肉食はタブーであった。
日常の食べ物は穀物が最高!と。あやまって四本足(の肉)を食べてしまったら家に二ヵ月半カブを食え、魚でも三日間大根を食べて穢れを消し、水鳥の場合は二十一日間大根を食べること、とある。
ホツマ的見解としては、血が穢れて魂の緒も乱れ、もとの天の宮に帰ることが出来なくなり、すると魂魄も迷い苦しみ、獣に再生してしまうらしい・・・。
米は日の霊気、菜は月の霊気を受け備わっているため、人の霊気を満たすのだとある。
ベジだったら日月と感応して天の宮に帰ることができるぜ!みたいな。
個人的見解であるが、高校生の頃に牛乳を飲んでると自分が濁っている感覚、飲まないと澄んだ感覚になったことがあった。誠に形容しがたいのであるが、そんな感じだ。

書いた人が言いたいのはきっと日本人よホツマを読んでルーツを思い出し、自虐的にならず素晴らしいアイデンティティを取り戻そうぜ!ということだろう。

まだまだ著者作のホツマ系BOOKSがあるので、次々と読んでいき考察を深めたいと思ふ。


目次
第一章 ホツマツタエが日本を救う
第二章 日本語の持つ和しの力
第三章 古代日本の宇宙観
第四章 美しき死生観
第五章 日本美がわかれば日本がわかる
第六章 日本の知られざる聖域
第七章 日本人の生活法は自然と一体だった
第八章 先祖が作った日本の歴史
[PR]
# by mandalabooks | 2012-03-06 22:13 | 日本文化

猿田彦と秦氏の謎

a0057609_2150287.jpg猿田彦と秦氏の謎
伊勢大神・秀真伝・ダビデの影
清川 理一郎 (著)

ホツマツタエ(秀真伝)を調べていて発見した本。
どうやら猿田彦と秦氏と稲荷が切っても切れない関係らしい。
猿田彦は秦氏一族の王だったとかなんとか。

渡来神の猿田彦、日本国内では完結せずルーツを中央アジアの羌族、イスラエルに求めていく。
失われた十氏族の末裔かもしれないとロマンがふくらむ。

そっから発展して猿田彦を祀る秦氏が建てたといわれる伏見稲荷のINARIの語源はINRIである、と。

トンデモ~と思うか否かは、あなた次第ということで。

ホツマについてはがっつりと書かれていないので、自分が探していたものではないが
いつもなぜか猿田彦、秦氏、稲荷に行き着くので、読むようになっていたのもんと思われる。


目次
第1章 猿田彦大神のプロフィールと出自をさぐる-『秀真伝』、羌族の謎/第2章 サルタヒコ大神を祀る神社-その信仰の多様性を探る/第3章 ホツマが語る伊勢大神の謎-伊勢大神は男神で一人の皇后と十二人の后がいた/第4章 ホツマが伝える日本古代史-記紀が語らない独自の歴史観/第5章 古代日本に渡来した高度な民族集団・秦氏にせまる/第6章 秦氏が建立した日本の神社-原始キリスト教、ユダヤ教、日本神道/第7章 ユダヤ王・ダビデの謎-マリ文書、エブラ文書、サルタヒコの原像/第8章 伊勢神宮が宿す古代ユダヤの神跡-サルタヒコと伊勢大神、バアル・アシュラの女神信仰とアマテラス/第9章 サルタヒコ大神終焉の謎-サルタヒコは悪神か善神か?/付章 サルタヒコにつながるケルトの神、ギリシャ・ローマ・イランの神
[PR]
# by mandalabooks | 2012-03-06 22:05 | 日本文化