本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

チャクラ・ヒーリング

a0057609_18101273.jpg魂からの癒し チャクラ・ヒーリング
ブレンダ・デーヴィス (著), 三木 直子 (著)

チャクラ本関係はいろいろ目を通しているが、こちらの本はけっこう充実していると思う。
だいたいが途中で退屈して飽きてくるのであるが、それもなく。どんどん読み進む。
読むというか、学ぶという感じがあるので、言い換えれば、「チャクラの教科書」、といったところ。
ただ、チャクラに興味が無い場合は、面白みは感じられないと思う。

私はいいと思った部分に付箋を貼ったりするのであるが、だいたい数枚のこと。
しかし、この本は、付箋まみれであった。
新しい付箋買っておいてよかったな、っちゅう話で。
もとい、
この本では、1から7までのチャクラについての詳しい内容のみならず、対応する精油やパワーストーンも紹介してくれている。
最初のチャクラ自己診断テストは、是非やってみることをおススメする。

ブレンダ氏は、精神科医であるが、
アメリカでは、精神科医が開眼してからスピ本をしたためるのが多いのかも。
前世療法の著者しかり、アルタイにシャーマニズムを習いに行った著者しかり、
あげるとキリがない。しかも、皆とっても真剣で、アツイ!!真面目だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
距離を置く(ディタッチメント)は、愛着(アタッチメント)の間違いだと思う人がいます。
愛するものには愛着があると言う方が一見つじつまがあっているからです。
でも、真実の愛の核にあるのは、自由であり、そして自由とは手放す、ということなのです。
(ハートチャクラ)

ハートチャクラが健康であれば、私たちは他の人と健全な距離を保つことができ、その結果、
自由な呼吸、開放感と空間を楽しむことが出来ます。
真に愛し支えあいながら、自分自身の人生を楽しむ時間が余分に持てることは言うまでもありません。
(ハートチャクラ)

よく考えずに不用意に口を開くことが私達にはあります。
けれども口にされた言葉が持つ重さと責任を理解するにつれて、
私たちはより注意深く言葉を選ぶようになります。
なぜなら、一度空中に放たれた言葉は、決して取り戻すことができないからです。
(スロートチャクラ)

それがなんであれ、好きでたまらないこと、それが、すなわち
私たちが創造性を持っている分野です。
(スロートチャクラ)

スロートチャクラがブロックされてい場合、
肉体的には、咽頭炎、風邪、体腺の腫れ、首の痛み、歯の痛みなどが繰り返し起こります。
甲状腺機能低下あるいは甲状腺機能亢進症を起こすかもしれません。
前者は倦怠感、体重の増加、憂鬱感、肌や髪がガサガサになるなどの症状、
後者は体重の減少、不安感、不眠、イライラ感を伴った興奮状態といった症状となってあらわれます。
(スロートチャクラ)

チャクラの色のものを身につけるだけで、そのチャクラの詰まりを取り除くのに役立ちます。
[PR]
by mandalabooks | 2010-04-13 18:34 | スピ系