本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

日本人の正体

a0057609_17444755.jpg日本人の正体―大王たちのまほろば
林 順治 (著)

NHKブックスから出ている「日本と朝鮮半島2000年」上下巻と迷ったが、こっちを買ってみた。

渡来人王朝説や日本書紀歴史改ざん説を知らない場合は、目からウロコというか新たな発見かもしれないが、すでに知っているので、特に驚きもない。

そして、文章が難解だ。
説明が難しいからだとは思うけれど、かなりややこしい。
誰説はこうで、誰説はこうで、と引用が多いので頭がこんがらがっている。


(1)初代天皇は、加羅系王朝を創始した崇神(『書紀』では10代目)である。

そういえば、近所の御霊神社(天智天皇を祀っている)には、鳥居に崇神と書かれている。

(2)王朝は応神天皇(昆支・倭王武)の時代で百済系に交替した。

天智(大津皇子)は百済系らしい、近江は百済とかなり深い関わりが歴史的にある。

(3)応神天皇(15代)と継体天皇(26代)は兄弟である。

応神は昆支(こむき)?

(4)「聖徳太子」は、蘇我王家を隠すために創られた虚像である。

初めて知った。よくわかっていない私。

(5)天武天皇は天智天皇の弟ではなく、兄・古人大兄皇子である。

知らんけど。
ここで新羅系と百済系の軋轢か?
百済滅亡の時期と、近江朝から平城京への遷都の時期が重なる。

きっと、何回か読まんとわからん。
だって歴史わかってないし。
誰が誰かもわからんし。
[PR]
by mandalabooks | 2010-08-23 17:43 | 日本文化