本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

白湯毒だし健康法

a0057609_16262739.jpg白湯毒出し健康法
蓮村 誠

『毒を出す生活、ためる生活』でおなじみの蓮村氏の著書。
随分前に読んだのであるが、レビュー書いてなかったなと思い出して。
本の断捨離前に、と。

私はこの方の著書のイラストがかなりツボなのであるが、今回もまたツボ。
それは本文には関係ないのであるが、どうもこの絵が気になって読んでみたくなる。
誘ってくれるね~。

またまたアーユルヴェーダ観点からのご本でありまする。

いきなりね、もうオチから入るので、後は白湯をどのように作るかとか、どのように飲むかとか、
白湯を飲んだらどういい事が待っているのだとか、体質別の飲み方だとか。
プラス、白湯飲んだ方々の体験談とQ&A、アーユルヴェーダの体質チェックとなっている。

もう白湯を飲むといいことだらけよ!みたいな感じで
「他人がうらやましくなるなる」「飲み続けるとモテる、若返る」「人生が変わる」などと断言していて面白い。
言っちゃって大丈夫かいな?
いいの、それは著者様はお医者様だから。
凡人が同じ事を本やらで言っちゃうと薬事に触れちゃうのであきませんのよ。

もとい、私ももうず~っと何年も朝は白湯と決めている。
途中でお茶やら何やら飲むけれど、ワリと日中も白湯を飲んでいる。
習慣になってしまっているので、その効果ももうわけわからんのであるが、
インドのヨガの文献に「白湯はヨギにとって最高で一番贅沢な飲み物である」とどこやらに書いていた。
(もう何だったかも忘れたけど)
白湯のデトックス効果&謙虚に生きられるっていうダブルの意味でも素晴らしいのだよ、という話。
それからは白湯なんである。
ヨギとしての生き方を忘れないためにも毎朝の白湯は続けている次第である。

冬の朝、何も胃に入っていない時に飲む白湯ったら本当に贅沢ね。
ゆっくりと内側に染み渡る温かい感じがたまらない。

白湯初心者の皆様におススメの一冊です。
[PR]
by mandalabooks | 2011-10-19 16:24 | 代替医療