本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

絶対幸福をもたらす超瞑想法

a0057609_12194219.jpg絶対幸福をもたらす超瞑想法
チベット死者の書の核心
三国ますみ/ 著


またまた五次元文庫。
いや~、なかなか良かった。
かなり、良かった。
これは、何回も読みたい一冊である。
最近の中では、イチオシ!かも。

臨死体験と瞑想体験は似たような体験であり、二つの共通項をさぐりながら
「絶対的幸福」を自ら作り出すルートをひもといていく。

「千の風になって」の詩が冒頭に書かれていて、これも良い。

インスタントな悟りや、エゴによる幸福を求める気持ちを打ち消し、
本当の意味での「幸福」を手に入れるには、自分自身が努力しないといけないわけだ。
覚醒しても、感覚やらに振り回されないよう、常に自分を磨くべし。

一度、魂が抜けてあちらとつながる臨死体験や瞑想体験をして、死が身近になれば、すでに死を恐れなくなる。そしたら、世界の見方が変化してくる。人は、死を受け入れた時、幸福になるルートが身近にあったことを発見するのだろう。
全ての恐れの源は「死への恐れ」であるからだ。

私自身の瞑想体験、臨死体験を思い出して、「なるほどーー」と、感慨深い気持ちになったのであった。
[PR]
by mandalabooks | 2009-04-13 12:32 | 五次元文庫