本を読む時間を大切にしています。


by mandalabooks

空洞地球

a0057609_23131482.jpg空洞地球
ポーソロゴスの図書館ミコスからのメッセージ 人も地球も光りだす!アセンションの真相
ダイアン ロビンス (著), ケイ・ミズモリ (翻訳)


超シャンバラ→空洞地球→地下存在との対話、と三部作になっているようである。
が、しかし、いきなり空洞地球から読む。
最近気になる地球の中が空洞で、その中には文明があるという説。
夢がありますー。

その地球内部にお住まいのミコスさんのメッセージを著者のダイアンが受け取り、自動書記的につづっているないよう。
ミコスさん、ことあるごとにオチが「●●のミコスです。」とお決まりのフレーズでフェイドアウトされるので、ちょっと気に入ってしまった。

彼らの生活やテクノロジー、命の水や汚染問題などいろいろな部分からひもといていく、地上での生活の改善策と、地底での生活のアレコレ&アセンションについて。
ここでいわれる「ポーソロゴス図書館」はアカシックレコード的なものか?

地球について、人間について、とっても考えさせられる。
生活を見直そうかな、なんて思っちゃった。
[PR]
by mandalabooks | 2009-09-24 23:21 | 五次元文庫